« タイガー・ウッズ騒動 | トップページ | ヨガ »

2009年12月24日 (木)

クリスマスイブ

以前から不思議だった、なぜ“前夜”から盛大に祝うのだろう?

日本では宗教的行事というよりは、商業ベースによる年末の風物詩・イベントと化していて、どちらかといえば当日より前夜の方が盛り上がる。

でなぜ“前夜”から祝うのかが分からなかったのだが、Wikipediaの「クリスマス」の項を読んでいたらその謎が解けた。

「教会暦の一日は日没から始まり日没に終わる」のだそうで、「降誕祭」は“12月24日の日没から12月25日の日没”と定められている。

Photo_2  

 

 

[Wikipediaより]

 

 

また、イスラム教でもイエス・キリストは偉大な預言者の1人であるため、生誕の祝いが行われるそうである。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のルーツを考えれば当然なのかもしれないが、イスラムでクリスマスというのはやはり奇妙に感じられる。

最も有力と言われる説によればイエス・キリストは今年で2013歳。誕生日は分かっている(ことになっている)が、命日は不明の人物である。

|

« タイガー・ウッズ騒動 | トップページ | ヨガ »

その他」カテゴリの記事

コメント

> 命日は不明

誕生日も本当は定かでないのかもしれません。暦もイエス・キリストの時代からいろいろ変わってますしね。命日はたぶん春なのでは?だって復活祭は亡くなってから3日後の「復活」を祝う祭りですから。

わたしが子どもの頃は、「早く寝ないとサンタクロースはプレゼントを持ってこない」なんて言われて、さっさと寝たものですが、こちらはサンタさんが贈り物を配達して回るなんて信じている子どもがいません。24日は家族が集まり、午前0時をまわると「おめでとう!」と言いながら頬にキスをしながら祝います。それからお食事が始ったりします。プレゼント交換はその前後から始まるようです。子どもは起きていても許される日ですけど、だいたい寝てます。25日は教会でミサが数回に分けて行われます。前日からメディアは、ローマ法王がどんな演説をするのか注目しておりました。

投稿: pompon | 2009年12月26日 (土) 11時39分

日が燦々と降り注ぐこの地での今日はボクシングデーと呼ばれる休日です。昨日のクリスマスデーもクリスマスカードを配達してくれた郵便屋さんにもお休みを、と設けられたとか。
pomponさんのお住みになるカナダでは、24日のイブの真夜中からお祝いが始まると伺いびっくりしました。クリスマス前は大忙しで多くの人々はくたくたになっているかと思うのに、深夜にプレゼント交換やらお食事するとは!!!カナダの方はタフですね。
ドイツでもやはり24日にお祝いをしていましたが、夕方からプレゼントを交換してそれから夕食という感じでした。教会には翌朝に。
一方オーストラリアは、クリスマス・イプは単なる「普通営業日」で、子供達がプレゼントを嬉々として開けられるのは25日のクリスマス・デーの朝というのが慣習のようです。それから家族が集まって朝食やらランチでお祝いし、教会に行ったりしています。

クリスチャンではない私にとってはクリスマスは関係のない行事ですが、やはり日本人ですね。クリスマスが終わったら、周りが「今年はもう終わったも同じ」と静かになることです。お正月を迎える年末の熱気が懐かしいです。

投稿: billabong | 2009年12月26日 (土) 16時25分

> 日が燦々と降り注ぐこの地

オーストラリアのサンタさんはサーフィンに乗ってくると聞いたことがあります。
カナダ東岸のハリファックスでは、サンタさんが魚(たぶんニシンか大西洋鮭)に引かれたボートで来る絵をみたことがあります。

> 深夜にプレゼント交換やらお食事するとは

そうですね。24日は普通の日でどこも営業してます。ただ早めに閉まります。仕事を終えてから家族の家に集まるので遅くなるというのもあります。友人は家にもどって軽く食事をしてから出かけました。実家まで車で2.5時間かかるそうです。
25日は祝日、開いている店を探すのは至難の業です(唐人街を除いて)。26日はカナダもボクシングデーで、食堂も商店も営業時間が短いですが、売り出しです。私も約一年分のチョコレートを仕入れる機会です。

投稿: pompon | 2009年12月27日 (日) 11時22分

billabongさん、pomponさん

お2人のお話を読んでいると、実に、つくづく、しみじみ、世界は
広いと思います。
昔から、熱い所にも寒い所にも憧れがありまして、それぞれ
1年ぐらい滞在してみたいなと思い続けています。
でも、お2人のような順応性がないので、結局は日本に
逃げ帰ってくる、ということは間違いなし。
日本のクリスマスから年末、正月にかけての、このお尻がどうにも
定まらない慌しさはやはり、どうしても捨て難いものがあります。

投稿: Jack | 2009年12月27日 (日) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47106568

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブ:

« タイガー・ウッズ騒動 | トップページ | ヨガ »