« 我らが宇宙 | トップページ | イヤホン »

2010年1月25日 (月)

女子高生の防寒その2

先日、女子高生が真冬でもハイソックスしかはかないという記事を掲載し、その中で「アツギにメールを送って」みると書いたが、そのメールにアツギから返信があった。

非常に丁寧な内容で、女子高生がタイツなどをはかないのは、「制服にはソックスでなければならないという価値観」がゆえであり、その価値観の転換を促すような宣伝・販売促進ができればよいのだが、現状は極めて難しい ― との趣旨だった。

確かに、私服の時には女子高生も積極的にタイツやレギンスを着用しており、やはり「制服+ソックス」という既成概念を突き崩せば、自ずとあの寒々しい格好も消えることになるのは間違いない。

やはりここはカリスマモデルに登場を願い、女子高生の価値観を転換させるしかないだろう。では、誰が適任か。うーん、私が思いつくのは益若つばさぐらいだが、年齢的に女子高生の共感を呼ぶのはちょっと難しいか。

娘にも、誰か適当な人気モデルはいないか尋いてみようと思っているうちに、今週いっぱいで3年生は登校が終了することになってしまった。もうわが家の場合は当事者ではなくなるということで、ちょっと動き出すのが遅すぎたようだ。それでもモデルの候補ぐらいは選び出し、アツギに伝えておくことにしよう。

|

« 我らが宇宙 | トップページ | イヤホン »

その他」カテゴリの記事

コメント

制服+靴下

そういわれればそうですね。ただ、私たちのときはスカートを引きずるように長くしている人が、服装検査でひっかかる時代でした。ミニスカートは短大時代に流行りましたが、ミッション系で、膝が見えるとシスターに「着替えてきなさい」と言われてました。で、ストッキングとかタイツはやっぱり勤めてからですね。小学校や中学校では冬に(男子は)乾布摩擦するくらいで、肌の露出は強い子をつくるというような観念があったように思います。高校はそういう教育の延長+それまでに植え付けられた固定観念が学校側にも生徒側にもあるかもしれません。学校側の服装に関する規制で靴下やストッキングについて言及してなければ、今はとってもおしゃれな長~い靴下やレッグウォーマーがありますから、そういうのと併せてストッキング・タイツの宣伝にしていけばいいかも。それから、今、テレビを見ていて気がついたのですが、足下まで映っているって少ないですね。特に座ってしまうと見えないです。

投稿: pompon | 2010年1月26日 (火) 21時34分

>私たちのときはスカートを引きずるように長くしている人

いましたねぇ~。今では見かけなくなりましたが、絶滅したのでしょうか。
映画『下妻物語』では土屋アンナが見事に着こなしていましたね。

「高校の3年間ぐらいしかこんな格好できないから…」っていう言う分も
聞いたことがあります。ファッションのためなら病気になってもいいって
覚悟ですかね。

投稿: Jack | 2010年1月27日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47392820

この記事へのトラックバック一覧です: 女子高生の防寒その2:

« 我らが宇宙 | トップページ | イヤホン »