« 「国宝 土偶展」 | トップページ | 去年の今日 »

2010年1月11日 (月)

「新成長戦略(基本方針)」

昨年の暮も押し詰まった12月30日、「新成長戦略(基本方針)」なるものが閣議決定された。10年後の日本をどうするか ― その目標を示したものだが、その内容が少々心配になるようなものなのだ。

実は私も今日まで具体的な内容については知らなかった。もっとも、政府としてはこれから詰めの作業を行って、今年6月を目途に「成長戦略」としてあらためて公表するつもりのようである。

今回の「成長戦略」の期間は10年間。その間毎年、名目で3%、実質で2%以上の成長を続け、2020年度の名目GDPを650兆円(2009年度は473兆円)とすることを目指している。

そのための基本となるのが次の6大戦略である。

■グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略
【2020年までの目標】
『50兆円超の環境関連新規市場』、『140万人の環境分野の新規雇用』、『日本の民間ベースの技術を活かした世界の温室効果ガス削減量を13億トン以上とすること(日本全体の総排出量に相当)を目標とする』

■ライフ・イノベーションによる健康大国戦略
【2020年までの目標】
『医療・介護・健康関連サービスの需要に見合った産業育成と雇用の創出、新規市場約45兆円、新規雇用約280万人』

■アジア経済戦略
【2020年までの目標】
『アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)を構築』、『アジアの成長を取り込むための国内改革の推進、ヒト・モノ・カネの流れ倍増』、『「アジアの所得倍増」を通じた成長機会の拡大』

■観光立国・地域活性化戦略
【2020年までの目標】
『訪日外国人を2020年初めまでに2,500万人、将来的には3,000万人。2,500万人による経済波及効果約10兆円、新規雇用56万人』

■科学・技術立国戦略
【2020年までの目標】
『世界をリードするグリーン・イノベーションとライフ・イノベーション』、『独自の分野で世界トップに立つ大学・研究機関の数の増』、『理工系博士課程修了者の完全雇用を達成』、『中小企業の知財活用の促進』、『情報通信技術の活用による国民生活の利便性の向上、生産コストの低減』、『官民合わせた研究開発投資をGDP比4%以上』

■雇用・人材戦略
【2020年までの目標】
○以下の項目について、雇用戦略対話等を踏まえ具体的目標を定める。
『若者フリーター約半減』、『ニート減少』、『女性M字カーブ解消』、『高齢者就労促進』、『障害者就労促進』、『ジョブ・カード取得者300万人』、『有給休暇取得促進』、『最低賃金引上げ』、『労働時間短縮』

こう並べてみると、「お題目」としては立派であるが、果たして「お題目倒れ」にならないか心配になる項目が散見される。

たとえば日本を訪れる外国人(主に観光客)の数だが、上記戦略では10年後に「2500万人」とするとなっているが、過去10年を振り返ってみると、2000年の475万人が2008年には835万人と率にして76%増、人数では360万人増えたにすぎず、さらに昨2009年は、推計値ではあるが20%以上減少して700万人を割り込んだといわれている。

これを10年後に2500万人にするというのは人数で1800万人の増加であり、相当に“野心的な”目標と言えるだろう。単純に計算して、毎年約14%の割合で増加して行かなければ達成できない。まして、景気回復にあと1、2年はかかると言われている現在、現実を見据えた上での目標設定なのかと疑いの目で見ざるを得ない。

現実と乖離した威勢のいい話は詐欺の手口の一つだが、国民にそんな連想をさせるような国家戦略というのは誠に心許ない。とりあえず6月に発表される最終版に注目することにしよう。

|

« 「国宝 土偶展」 | トップページ | 去年の今日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、「若者フリーターの半減」は実現可能かも知れません。
若者の人口自体がどんどん減ってるので。(笑)

日本の主要都市の年齢別人口グラフ
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/110001.html

“若者”人口が減れば、“若者”フリーター人口も減ることは明らか。
ま、この国はそれでも「目標達成!」とのたまうでしょうがね。(笑)

投稿: ponpon | 2010年1月12日 (火) 12時04分

pomponさん

お帰りなさい。

>この国はそれでも「目標達成!」とのたまうでしょうがね。(笑)

逆に若者人口に占めるフリーターの割合は高くなるおそれも
あるわけですね。
10年後、私は高齢者人口に数えられるのですが、どんな社会・世界に
なってるんでしょうかね。心配でもあり、興味もあり、です。

投稿: Jack | 2010年1月13日 (水) 14時22分

おくればせながら、
一字違いのニックネームの方がいらっしゃいますね。

「若者」フリーターは減るかもしれませんが、就労人口全体比ではどうなっているのでしょうね。

投稿: pompon | 2010年1月21日 (木) 15時06分

pomponさん

>一字違いのニックネームの方がいらっしゃいますね。

気づかず失礼しました。完全に人違いをしてました。
今後は気をつけます。

投稿: Jack | 2010年1月21日 (木) 21時31分

> 一字違いのニックネーム

Jackさん、
私も最初に見たときは、自分で自分の書き込みを忘れたのかと思いました。そこまでボケたのかと悩みました(゚ー゚;。
でもよく考えて、、、書き込みの日時、自分がまだ欧州にいて日本語アクセスが無かったこと、こちらでリンクを貼ったことがないこと確認して他の方だと。。。

投稿: pompon | 2010年1月23日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47268123

この記事へのトラックバック一覧です: 「新成長戦略(基本方針)」:

« 「国宝 土偶展」 | トップページ | 去年の今日 »