« センチメンタルジャーニー Online | トップページ | 初泳ぎ »

2010年1月 4日 (月)

小江戸・川越・小旅行

Photo_2正月、川越に行ってきた。もともとは去年の内に行く予定だったが、一緒に行くことになっていた友人とこちらの都合がなかなか合わず延び延びになっていたもので、どうせなら正月の内に行こうということで意見が一致した。【写真:正月客でにぎわう「川越・時の鐘」周辺。人力車に乗って見物する人もいる。信号には「時の鐘入口」と書かれている。】

川越というのは私にとっては“遠い町”だった ― 小さい頃ほんの一時期だが東武東上線の沿線に住んでいたことがあり、その時に「川越」という名前は聞き知っていたのだが、自分が住んでいた町の駅より先には行ったことがなく、子供心に“とてつもなく遠い所”というイメージが定着してしまったようだ。

今回その川越に初めて行くことになり調べたところ、横浜からは湘南新宿ライン→山手線・高田馬場→西武新宿線と、湘南新宿ライン→山手線・池袋→東武東上線、それに湘南新宿ライン・大宮駅→川越線という3つのルートで行けることが分かった。所要時間は概ね1時間50分前後。

大した下調べもせず、とりあえず“初詣”と“食べ物”、それに“名物”だけをチェック。「クレアモール」という商店街、「時の鐘」を中心とする「蔵造りの街並み」、「菓子屋横丁」には行くことにし、あとは行き当たりばったりで行こうとなった。

正月の観光地ということもありかなりの混雑を覚悟したが、これが怖れていたほどのこともなく、唯一「川越大師喜多院」を中心とした社寺が集まる一帯だけが行き交う人と肩がふれるほどの混み具合だった。

昼飯も、正月でどうせ通常営業ではないだろうからと調べずに行き、ふと入り込んだ路地の奥に見つけた店で食べたのだが、これが望外の旨さ。帰宅してから調べたところ、かなりの有名店だったようだ(その店のサイト)。民家を改造したような造りで、のんびりと食事をすることができた。

Photo出かける前に地図だけはプリントアウトして行ったのだが、市の中心部だけで高校が4つもあることに同行の友人が気づき、「このうち、どれかはきっと名門高校に違いない」。帰ってから調べた結果をメールで知らせてくれたのだが、地図の左側、東武東上線川越市駅と西武新宿線本川越駅の間にある県立川越女子高校は県内屈指の進学校であり、また小宮悦子、田丸美寿々両テレビキャスターの出身校だった。

西武線本川越駅→クレアモール→蔵造りの街並み(仲町交差点から札の辻交差点まで)→時の鐘→菓子屋横丁→川越大師喜多院→クレアモール→JR川越駅というルートをゆっくりと歩き、所要時間は約4時間。朝家を出てから帰宅するまでの総歩数は約2万歩だった。

今回出かけて行ってみて、子どもの頃に感じた決して訪れることなどないだろう“とてつもなく遠い所”という幻想が消え去り、それはちょっぴり残念なことではある。だがその反面で、こじんまりとしてきれいな町という新たな印象を持ち、再び行ってみたいという気にさせられた。

|

« センチメンタルジャーニー Online | トップページ | 初泳ぎ »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

> このうち、どれかはきっと名門高校に違いない

県内高校入試の元専門家が補足しましょう ^^;
地図右上、「時の鐘」から右横に進んだところにある「川越高校」も、旧制中学から続く県内の名門校です。こちら(通称 "川高")が男子校で、そこと並ぶ女子校が川越女子(通称 "川女")。

喜多院の下のほうにある「川越工業高校」というのも、工業高校としては名門。これは調べて知ったことですが、Walkman や SUICA の開発者がここの出だそうです。それから、左端にある「星野女子」というのは、歴史は浅いながら県内では上位に位置する私立高校です。

仕事で川越に行ったことは何度もありますが、観光したことは実は一度もありません。

投稿: baldhatter | 2010年1月 4日 (月) 23時54分

>県内高校入試の元専門家が補足しましょう

おお!

>「川越工業高校」というのも、工業高校としては名門
>Walkman や SUICA の開発者がここの出だそうです

人口34万人という規模にしては出身者に優秀な人材の
割合が高いようですね。あの町のどこか落ち着いた雰囲気と
関係があるのでしょうか。

>観光したことは実は一度もありません

奥様とお二人で散策にお出かけになることをお奨めします^^v

投稿: Jack | 2010年1月 5日 (火) 11時59分

小さいときの記憶って大きさの感覚が今と違いますね。保育園に通った道を大きな道だと記憶していたのに、大人になって行ってみるとバスと車がすれ違うのがやっとの道だったり。たぶん、子供のころに走っていた車両も小さかったのかもしれません。それと交通機関の進化も。昔とは時間のかかり方が違います。今回、成田から九州まで鉄道で帰りました。新幹線に、ひかり号、こだま号のほか、のぞみ号というのが増えて、東海道・山陽線、ますます時間短縮されてました。九州に入って、20年前と同じ線にあきれるやら、ほっとするやら。

投稿: pompon | 2010年1月17日 (日) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47207700

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸・川越・小旅行:

« センチメンタルジャーニー Online | トップページ | 初泳ぎ »