« 初泳ぎ | トップページ | 困った年賀状 »

2010年1月 6日 (水)

民主党そろそろ…

藤井裕久財務大臣が健康上の理由で辞任し、後任には管直人副総理兼国家戦略担当大臣が副総理兼務で就くことになった。

昨年暮れごろから、鳩山総理や小沢幹事長の政治資金問題を始め、内政・外交での足取りに不安を見せ始めた鳩山内閣でとうとう閣僚から脱退者が出た。表向きは健康問題という、誰もが真正面からは非難しようのない理由を用意しての辞任だったが、ほぼ同時期に注目を集めるようになった小沢幹事長の政治資金問題との関連を示唆・指摘する声は根強い(参考1参考2)。

確かに77歳というのは、財務大臣のような激務には些かお年を召しすぎているという感は否めない。が、それとても承知で就任したのであり、これから国会で予算案の審議が始まるという時に辞めるのでは敵前逃亡という批判も致し方ないだろう。まあ、自民党の安倍、福田両元総理の敵前逃亡よりは多少マシな気はするが。

それにしても、代表と幹事長という党のトップ2人がとも、カネの問題を引き起こしたということは由々しき事態であり、「蜜月を過ぎて」民主党もそろそろ看板のメッキがはがれ出したということだろうか。

だけどもしそうだとしたら、次の選挙で我々有権者は誰に投票したらいいのだ。粗悪品ばかり並べたカタログから買いたいものを選べと言われているようなもので、相対的に“少しでもマシ”な品しか選べないというのでは何とも貧しい国と言わざるを得ない。

|

« 初泳ぎ | トップページ | 困った年賀状 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47222810

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党そろそろ…:

« 初泳ぎ | トップページ | 困った年賀状 »