« 元横綱朝青龍引退をめぐって | トップページ | おとといの新聞 »

2010年2月 6日 (土)

将棋:渡辺明竜王A級昇級決定

昨日(10年2月5日)行われた第68期将棋B級1組順位戦で、渡辺明竜王が深浦康市王位に勝ち、通算成績を9勝2敗とし、最終局を待たずにA級昇級を決めた。2000年にプロとなって10年目での悲願達成である。

対深浦戦は終盤に入ってもどちらが優勢かが不明の熱戦となった。

図は89手目、先手渡辺が1一のと金で2一桂を取って後手玉に迫ったところ。ここでは先手良しの声が高かった。

B11

 ところが深浦は守りから一転、△8六香▲同桂△6九馬と攻めた(下図)。

B12

この△6九馬で先手玉には詰めろがかかり、形勢逆転かと思われた。しかし渡辺も沈着である。▲7九金打で対抗、戦いはさらに続くことになる。

指し手は99手目まで進み、先手渡辺が手持ちの角を▲1五に打ち込んだのが下の局面。

B13

どうもこの手以降は、渡辺の方がわずかにリードを保っていたように見える。

上図から△4三金▲3三歩成△同銀▲2二と(下図)と進む。

B14

このと金を同銀と取れば5一の金が素抜きになり、また同玉も▲3五桂打から殺到されて持ちこたえることはできないようだ。

この後深浦も△8六歩から飛車を切って反撃するも、渡辺の落ち着いた応手の前に攻めが切れ、最後は自玉を寄せられて万事休す。

負けた深浦は7勝4敗となり、久保利明棋王が2連敗しない限り昇級はない。その久保はタイトルホルダーとして戦っている棋王戦の日程から、B級1組12回戦の対豊川孝弘七段戦を月曜日(10年2月8日)に行うことになっている。

本日行われた全対局の結果は次の通り。

    【勝】        【負】     (終局時刻)
△松尾  歩七段-▲鈴木大介八段 (20時2分)
△杉本昌隆七段-▲山崎隆之七段 (23時46分)
△行方尚史八段-▲阿部  隆八段 (0時22分)
△屋敷伸之九段-▲畠山  鎮七段 (0時50分)
▲渡辺  明竜王-△深浦康市王位 (0時59分)

B級1組の成績順位表は▲久保-△豊川戦終了後に掲載予定。

|

« 元横綱朝青龍引退をめぐって | トップページ | おとといの新聞 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47488783

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:渡辺明竜王A級昇級決定:

» 渡辺竜王、A級昇級! [Return to Forever]
さきほど深浦王位とのB級一組の対局が終了、この勝利で渡辺明竜王はついに念願のA級 [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 09時56分

« 元横綱朝青龍引退をめぐって | トップページ | おとといの新聞 »