« 眠気、仕事、効率 | トップページ | スピードスケートのユニフォーム »

2010年2月16日 (火)

冬季五輪と怠惰なスポーツ観戦

先週バンクーバーオリンピックが始まった。今日行われたスピードスケート男子500mでは、長島圭一郎選手が銀メダル、加藤条治選手が銅メダルを獲得した。喜ばしいことである。

オリンピックそれも冬季大会は、普段見ることのできない種目の世界トップクラスの競技・戦いを見られるという楽しみがある。

たとえばバイアスロン ― クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせたこの種目は、日本から参加するのはほぼ全員が自衛隊員(自衛隊員以外で参加した選手がいたかどうか)というきわめて特殊な競技であり、オリンピック以外でテレビ放送されることはない。

だがこれが見ていると結構面白い。数キロをスキーで滑って来た後、静止した状態で50m離れたところにある小さな的(立射で直径11.5cm、伏射で4.5cm)を狙うのだが、はずむ胸、吐き出される白い息、5つの的を撃ち終わるまでまばたきもしない目など、温かい部屋で、コーヒーを飲みながら観戦しているのが申し訳なく思えてくる。

女子のアイスホッケーというのもある。男子ほどのスピード感はないが、細かいスティックさばきは相当にレベルが高く、ボディチェックも激しいものがある。強国がアメリカ、カナダだと知り、なるほどと納得した。アジアからは日本を破って中国が出場している。アジア代表として頑張ってほしいと思いつつ、アメリカのゴールに喜んでいる自分に気づいたりする。

もともと採点競技が好きでないせいもあるが、フィギュアスケートはあまり見ない。ただ(大昔の話だが)コンパルソリー(規定演技)があった札幌五輪の時は面白いと思った。確かカナダのマグヌッセン選手だったと思うが、毛糸の帽子に手袋、厚手のヤッケを着込んで、照明も暗いリンクで音楽もなしに、ただひたすら氷に軌跡を描いていた姿とその時のスケートエッジが氷を削る音が印象的だった。

スキー競技というのは実際に見たことはないが、スケート競技は現場に行って見たことがある。バスケットやバレーボールといった、同じく室内で行う競技との違いは会場が寒いこと。氷が融けるのを防ぐため、暖房は入っていない。なので屋内といえど足先がしびれてくるほど気温は低い。

それとアイスホッケーだと、リンクに近い席でないとパックの動きが見えない。サッカーなら、どんなに大きなスタジアムであっても、スタンドのどこにいても、ボールの動きが見えないということはないが、アイスホッケーのパックは小さい上に動きが速すぎる。得点が入っても分からず、専用のランプがついたのを見て、ああ点が入ったのだと分かる次第。で、ビデオ再生ができる大型モニターが会場になかったりする。つまりは一番見たいシーンが見られない。

スキージャンプを見に行った人に聞いた話だが、ホテルに戻って風呂に入る時、足先の感覚が麻痺していて、熱い湯だったにもかかわらず平気で入れたとのことである。

そんな事情から、ウィンタースポーツに関しては、あまり現場に行って見たいという意欲がわいてこない。なので、私にとって冬季五輪とは、暖かい部屋で暖かい飲み物を口にしながら、超人的身体能力の持主たちの活躍をぬくぬくと見守る怠惰スポーツ観戦者に徹する時でもある。

明日は女子カーリングがある。飲み物はホットミルクティーにしようかな。

|

« 眠気、仕事、効率 | トップページ | スピードスケートのユニフォーム »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47587346

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季五輪と怠惰なスポーツ観戦:

« 眠気、仕事、効率 | トップページ | スピードスケートのユニフォーム »