« 濡れ衣を着せられた者は… | トップページ | トヨタの試金石 »

2010年2月23日 (火)

疑問詞+~かどうか

今日の朝日新聞夕刊にあったカーリングの解説記事中に見つけた表現。

カーリング競技で使われる「ヤー」とか「ウォー」という掛け声の意味について次のように説明している。

「ヤーは掃け、ウォーが掃くな、の意味だ。掃くと摩擦熱で氷の表面の粒々が溶け、薄い水の膜が出来る。(以下、一部略)思い描いたところに止めたり相手の石をはじいたりするために、どれぐらいの強さで掃くのか掃かないのか―」(強調は引用者)

民放はもちろん、NHKのアナウンサーでも「この暖かさはいつまで続くのかどうか」と言ったりするぐらいだから、新聞の記事にこんな文が現れても不思議ではないのかもしれない。

昔、新聞社の校閲部といったら、言葉に関しては博覧強記、漢字にも強く、生き字引のような人がゴロゴロいたもので、「“髣髴とさせる”は間違いだよ。“髣髴させる”が正解で、“髣髴と…”はたとえば“髣髴とわきあがる”なら正しい」と教えられ、家に帰って広辞苑で調べたらその通りだったので、「プロは凄い」と感心したことがあった。

今の新聞社って校閲部がないわけじゃないと思うが、こんなミスを見逃してしまうとは…。

ところでカーリングといえば、今日の対スイス戦は完敗だった。あの調子で第10エンドまで行ってたとしたら、スイスにさらに何点取られたか取られなかったか想像もつかない。

|

« 濡れ衣を着せられた者は… | トップページ | トヨタの試金石 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47647075

この記事へのトラックバック一覧です: 疑問詞+~かどうか:

« 濡れ衣を着せられた者は… | トップページ | トヨタの試金石 »