« 将棋:第3回朝日杯将棋オープン戦準決勝・決勝 | トップページ | 眠気、仕事、効率 »

2010年2月14日 (日)

サッカー:東アジア選手権

日本0-0中国、日本3-0香港、日本1-3韓国、勝ち点4の3位 ― これが今回の戦績である。

一言でいえば、今の日本は弱い。だけどそれで終わりでは、サッカーを見るのが大好きな人間としては、最大の楽しみである6月のW杯がまったく面白くない経過・結果になってしまうという危惧がある。で、岡田監督の耳に届くことは考えられないが、一ファンとしての意見を書いておくことにする(無論、私自身の「ガス抜き」の意味をも込めて)。

なぜ弱いのか。点が入らないからである。至極もっとも。

ではなぜ点を入れられないのか…これを一言でいうのは難しい。だが敢えて言うなら、入れるための工夫がないからだ。

現在の日本人プレーヤーに、屈強な相手センターバック(CB)とやり合って点をもぎ取ってこれる者はいない。即ち、日本の得点はチーム(グループ)プレーかフリーキックなどのセットプレーに頼らざるを得ない。

チーム(グループ)プレーというのは錬度を要する。まして足でボールを操るサッカーの場合、(たとえば)バスケットボールのようにフォーメーションを考え出しても、その通りにプレーすることは不可能だ。必然的に不確定要素がかかわってきて、トラップをミスしたり、パスコースがずれたりといったことが起こる。

そうした不測の事態にも対応できるようにするには錬度を上げるという手段があるのだが、その鍛錬の方向性が少々ピント外れのような気がしてならない。

日本のサイド攻撃は効果的だという。監督もそう思っているようだし、選手もマスメディアも、私を含めたファンもそう思っていた。だが、日本がサイド攻撃から得点したことってそんなにたくさんあっただろうか。

現在のサイドバック、長友と内田は歴代のプレーヤーと比べてもトップクラスに入る攻撃力を持っている。クロスを上げる能力も高い。だが、長友や内田からのクロスをヘッド(或いはキック)一閃、ゴールに叩き込んだ選手、叩き込める選手がいるだろうか。

おそらくチーム戦術なのだろう、内田も長友もボールを持ってサイドを駆け上がって行くが、自分がシュートを打つという選択肢は最初から持っていないかのように、判で押したようにクロスを蹴る、それもペナルティエリアの外から。

なので、相手チームは長友や内田に対するディフェンスに人数を割く必要がない。1人ないし2人を付けておけば、必ずや(ペナルティエリアの外からの)クロスで終るからである。あとはCBを中心に中を固めておけば、小柄な日本人FWを抑えることは決して難しいことではない。

攻撃“力”が弱い上に、戦術のバリエーションが少ないから、相手としては多少配球役を自由にしてもバイタルエリアへの侵入を阻止することは簡単だ。

では4ヵ月後に迫ったW杯本大会までにどうしたら、少しでも“戦闘力”を高められるか。サイドからに加え、中央からの攻撃“フォーメーション”を増やすことである。幸い、縦パスを含め、パスを出す能力に長けた選手が多いのだから、サイドからボールを入れるサイド攻撃のみならず、サイドから人が侵入して行くような攻撃パターンも可能だろう。

それとドリブルで相手DFラインをこじ開ける工夫も必要だろう。第1戦の中国戦では日本のドリブルを見たという実感がない。第2戦では、前半37分頃に玉田がセンターライン辺りから30m近くドリブルで持込んだプレーをきっかけに敵ゴール近くまで攻め入る場面が現出した。第3戦の韓国戦では、日本がやるべきドリブルでの仕掛けを逆に韓国にやられ失点した。

“鳥かご”(3人以上でパスを回し、4番目の選手がそれを追いかけて取るというパス回しの練習方法)のような同じパターン・リズムのサッカーでは相手に脅威を感じさせることはできない。

たとえば以前の玉田はもっとドリブルでの仕掛けが多かったはずだ。岡田ジャパンでは「ドリブル禁止令」或いは「自粛令」が出ているのだろうか。

それと“パススピード”の増強も必要だろう。日本のパスはまだまだ遅いと思う。プレミアリーグなど欧州のトップリーグ並みのスピードと精度に少しでも近づける努力が必須だろう。

DFに関しては、現時点では中澤と闘莉王が日本最強CBコンビであることは間違いないだろう。が、今日のような状況を考えると、単なる控えではなく試合によっては中澤や闘莉王に代わって先発する(できる)第3のCBを備えるべきだろう。それが岩政なら、彼はプレーの質をもう一段上げる必要がある。

また第3のCBが確立されれば、FW闘莉王というオプションも可能になる。たぶん、岡田監督はW杯に平山を呼ぶことはないと思う。とすると、“高さ・強さ”のターゲットマンとしてFW闘莉王を考慮すべきだ。

|

« 将棋:第3回朝日杯将棋オープン戦準決勝・決勝 | トップページ | 眠気、仕事、効率 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47570870

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:東アジア選手権:

« 将棋:第3回朝日杯将棋オープン戦準決勝・決勝 | トップページ | 眠気、仕事、効率 »