« 揚琴(ヤンチン)とハープ | トップページ | 将棋:第68期A級最終成績順位 三浦八段が挑戦者に »

2010年3月 2日 (火)

将棋:第68期A級順位戦最終局

今日(10年3月2日)、将棋A級順位戦の最終戦が、全5局一斉に行われている。

組合せは次の通り。

▲郷田真隆九段-△三浦弘行八段
▲谷川浩司九段-△高橋道雄九段
▲佐藤康光九段-△丸山忠久九段
▲森内俊之九段-△藤井 猛九段
▲井上慶太八段-△木村一基八段

すべてが挑戦権、降級に関係する対局である。以下、対局前の仮想会話をまじえての局面紹介(昼休み時点)。


郷田「いいな三浦君は、挑戦の目があって。ボクなんか第一候補なんて騒がれるもんだから、手が伸びなくなっちゃったよ」
三浦「でも、とりあえず今期も残留が決まってよかったじゃないですか」
郷田「ありがとう。ところでさ挑戦者になったら、あんまり周りの声、気にしない方がいいよ。名人戦は他棋戦と注目度が段違いだから、いろんなこと言う人がいるからね」
三浦「はい、ありがとうございます。その郷田さんのアドバイスも“いろんなこと”の一つとして気にしないことにします」
郷田「んぐ!」

A901


谷川「高橋さんと順位戦指すの久しぶりですよね」
高橋「…」
谷川「B1から復帰されるって、すごいじゃないですか」
高橋「…」
谷川「ボクも見習わなくちゃな」
高橋「それって、B1に落ちたいってことですか」
谷川「えっ! あっ! そんな意味じゃなくて…」
高橋「(ふふふ、これで前哨戦は私の勝ちだ)」

A902


丸山「佐藤さんがいなくなると、A級もさびしくなるなあ」
佐藤「ホントにそう思ってる?」
丸山「本当ですよ。だって名人を争った仲じゃないですか」
佐藤「そうだよね。あれ何年前だったけ」
丸山「8年ぐらいですかね」
佐藤「あん時の第1局の夕ご飯、憶えてる?」
丸山「え、何でしたっけ?」
佐藤「やっぱり、憶えてないんだ。ほら、ボクの肉と丸山さんの魚、交換したじゃない」
丸山「そんなことありましたっけ」
佐藤「あれってボクの方が絶対損してるよね。ボクと丸山さんじゃ、好みが正反対だから、いいんだけど」
丸山「(いいって、めっちゃ気にしてるじゃん)そんなに違います?」
佐藤「だって、あなたは激辛流で、ボクはサトウ(砂糖)だもん」
丸山「(なんだ、ダジャレかよ)…」

A903


森内「今日は勝ちます」
藤井「はぁ?」
森内「今日は勝ちます」
藤井「あ、はい」
森内「米長先生がこう仰っています。『自分にとって得にも損にもならず、相手にとってはめちゃくちゃ重要な将棋は必ず勝て』って」
藤井「いや、それはちょっと違って、『自分の昇級や降級に関係のない…』」
森内「だから、今日は勝ちます」
藤井「それはいいんですけど、米長先生が仰ったのは、『自分の昇級や…』」
森内「今日は勝ちます」

A904


木村「こないだ、ある所で大盤解説をしましてね」
井上「木村さんの解説、評判いいですもんね」
木村「そん時うっかり、羽生さんと勉強会やってるって、企業秘密をしゃべっちゃったんですよ」
井上「え、木村君、羽生さんと勉強会してはんの?」
木村「はい、羽生さんに声をかけていただいて、だいぶ以前から」
井上「そりゃ凄いわ」
木村「でしょう。あの羽生さんに声をかけられたんですよ。それだけでもう、ボクの方が勝ってますよね」
井上「え? 誰にですか?」
木村「決まってるじゃないですか、井上さんにですよ」
井上「…」

A905

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてここからは少々マジメモードで。

今期、挑戦の可能性を残しているのは4名。まずは、前回の第8回戦終了時点での成績順位表を下に再掲する。

第68期将棋A級成績順位(8回戦終了時点)

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 三浦弘行八段 8位 6勝2敗 2 ↑  挑戦可能性あり 
2 丸山忠久九段 4位 5勝3敗 5 挑戦可能性あり 
3 谷川浩司九段 7位 5勝3敗 1 挑戦可能性あり  
4 高橋道雄九段 9位 5勝3敗 6 挑戦可能性あり 
5 郷田真隆九段 1位 4勝4敗 3 残留決定 
6 森内俊之九段 3位 4勝4敗 4 残留決定 
7 木村一基八段 5位 4勝4敗 7 残留決定 
8 藤井 猛 九段 6位 3勝5敗 9  
9 井上慶太八段 10位 3勝5敗 8 ↓   
10 佐藤康光九段 2位 1勝6敗 10 -  B1へ降級 

挑戦の可能性があるのは上位の4名で、

(1) 三浦八段は勝てば挑戦決定。負けた場合はプレーオフ。
(2) 丸山九段は勝って、三浦八段が敗れた場合にプレーオフ。
(3) 谷川九段と高橋九段は直接対戦のため、勝った方が、三浦八段が負けた場合にプレーオフ。

現時点では三浦八段が最も有利な位置にいるが、万一負けてプレーオフとなった場合は、そのアドバンテージはまったくなくなり、却って有利な立場で決められなかったという悔恨を引きずりかねない。

降級は藤井九段か井上八段のいずれか。藤井九段は勝てば残留。負けても井上八段が敗れれば残留。ということは、井上は勝って、なおかつ藤井が負けないと降級となる。

現在、夕食休憩に入っていて、再開されるのは午後7時。終局は午後11時過ぎから日付が変わった深夜になることが予想される。

なお、NHK BS2では午後11時5分から翌3日の午前2時まで、A級順位戦の模様を中継放送することになっている。

■夕食休憩に入った時点の局面

A906

A907

A908

A909

A910

|

« 揚琴(ヤンチン)とハープ | トップページ | 将棋:第68期A級最終成績順位 三浦八段が挑戦者に »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47705670

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第68期A級順位戦最終局:

« 揚琴(ヤンチン)とハープ | トップページ | 将棋:第68期A級最終成績順位 三浦八段が挑戦者に »