« 15年 | トップページ | エイプリルフール »

2010年3月31日 (水)

戸塚駅前再開発:オープンに間に合う?

1003312JR戸塚駅西口の再開発工事はいよいよ大詰め。第1期工事の目玉である駅前ビルのオープンは明後日(2010年4月2日)に迫った。

だが周辺工事はまだまだ続いていて、中でもJR戸塚駅と駅前ビルとを結ぶ連絡用の歩道橋は、素人目にはあと2日で完成するとは思えない状態である。

上の写真では少々分かり難いが、画面の右が駅で画面の中央に見える鉄骨の構造物が連絡橋、左が駅前ビルである。オープン2日前で、鉄板、鉄骨がむき出しの状態。果たして間に合うのか。

100121工事が終盤に入った昨年秋、やがてはバスターミナルになる広場に左のような鉄筋コンクリート製の構造物が現れた。最初は工事用の資材の積み降ろしに使うスロープだと思ったのだが…。

一向に使っている様子がない。出現してから3ヶ月以上が経ってから、広場を覆う形で作られるペデストリアンデッキと件のスロープがつなげられた。なるほど、歩行者用の階段だったのだ。

100317

3月になると、その階段にステップが取り付けられ始めた。単なるコンクリートの斜面にどうやって階段を作るのか ― 興味深く工事が始まるのをまっていたのだが、その工法を知って、なるほどと納得。

階段の途中と上に積み上げられたU字溝用ブロックのようなものがステップで、断面はL字型になっている。それを下から順に積み上げて行1003172_2くのだ。下の段がストッパーになるので順番に積み上げるだけで階段を形成することができる。実際にはそんな単純なものではないだろうが、理屈はそうである。左がそのステップ用ブロックの拡大写真。既に最初の写真にあったコンクリート斜面は階段に姿を変えている。

100329工事はさらに進み、上の写真から10日あまり後の一昨日には次の写真のようになっていた。中央に手すりが取り付けられている。

そして今日の姿が右の写真。階段の完成である。100331_2

ところで肝心の駅前ビルの中味だが、東急プラザと東急ストアという東急系の店がメインテナントで、ほかに以前の「旭町商店街」にあった地元の店が入ることになっているようだ。ただ、駐車場の入口が1ヶ所しか確認できていず、それが踏切のすぐ近く。2年後と言われるJR線の下をくぐる東海道のアンダーパス完成までは相当に使い難そうだ。

|

« 15年 | トップページ | エイプリルフール »

その他」カテゴリの記事

コメント

間に合いましたか?

投稿: pompon | 2010年4月 4日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47962708

この記事へのトラックバック一覧です: 戸塚駅前再開発:オープンに間に合う?:

« 15年 | トップページ | エイプリルフール »