« 飲みすぎた? | トップページ | 世の中は… »

2010年3月21日 (日)

曜変天目:茶碗の中に輝くオーロラ

1月2日のエントリーで取り上げた通り、今年はいくつかの国宝陶磁器を見ることを目標としている。その第1弾に当たる展覧会『国宝・曜変天目と付藻茄子―茶道具銘品展―』に行ってきた。

場所は東京世田谷にある「静嘉堂文庫美術館」。実は今回の目的である「曜変天目茶碗」は、2年前の公開時に見損なった少々苦い思い出のある茶碗である。2年前の公開もやはり春先のことで、時間をやりくりしてようやく出かけて行ったものの、最寄駅に着いた時は既に閉館時間の30分前。

それでも電話をしたら、閉館時間までに来れば入れてくれるというので、直ぐに駅前のタクシー乗り場に行ったのだが、あいにくその日は風雨の激しい悪天候で、タクシー乗り場には10人あまりの列ができていた。「ダメモト」のつもりで並んではみたものの、駅に戻ってくるタクシーは少なく、時間がどんどん経過して行く。列の先頭から3番目にたどり着いたときには閉館時間を過ぎていてついに行くことを断念した。

1

さて、そんな思いをして2年ぶりにようやく見ることのできた「曜変天目茶碗」(通称「稲葉天目」)は期待に違わぬ気品と優雅の逸品だった。

「曜変」とは「窯変」とも言われ、「窯」(かま)での焼成の結果、黒釉の地に瑠璃色の光彩が生じたものをいう。中国・宋の時代に福建省建窯で焼かれた天目茶碗(黒釉の茶碗)の中にごく稀に作出されたとされており、現在、建窯で作られた曜変天目茶碗はわずか3つしか伝わっておらず、そのすべてが日本にある。

静嘉堂文庫の曜変天目は、その中でも光彩が最も華やかで大きい。口径12.2cm、高さ7.2cmと、茶碗としてはやや小ぶりだろうか。「天目形(てんもくなり)」と呼ばれる器形は端正で、外側の釉の重厚な艶のある黒が引き締まった表情を造りだす。

展示ケースのアクリル板にできるだけ顔を近づけて中をのぞいてみた。写真で何十回と見ていたはずなのに、そうやって実物を見て初めて気づいたことがある。この茶碗には見込み(茶碗の内側のこと)の景色(模様)から、正面が自ずと決まっている。

32_2

右の写真の丸で囲った箇所の光彩が特に鮮やかで、逆にその正反対の位置、写真で言えば下辺の口縁に近い箇所は斑文がややまばらである。したがって、写真の下が手前になるように持ったのではないかと推測される。お茶に詳しい人に確かめてみたいところである。

この茶碗を見ている内にオーロラを連想したのだが、本物のオーロラを見ると人によってはきわめて内省的になると言われている。オーロラの連想は単にこの茶碗の色彩や深い光沢によるだけでなく、見つめながらいつしか己の内面を省察せねばいられなくなる、単なる茶碗とは思えない不思議な深い魅力にもその因があったのかもしれない。

|

« 飲みすぎた? | トップページ | 世の中は… »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

私、オーロラを見たことがあります。アラスカのフェアバンクスのようにいつも見れるところではなく、たまたまで、確か夏の初めだったように記憶しています。その時期にしては寒い日でした。自然に背筋がピンと張るような寒さで、上をみたら空に布の波のような模様がありました。白黒でしたが、不思議な気持ちになりました。側にいた人が、「あら、オーロラ」とつぶやいたので、それと分かったものです。自然の不思議とでもいうのでしょうか。観賞どころではなく、突然のことで、ポケッとしてました。今、思い出しても不思議な空でした。内省的になるほどビンカンではないということでしょうか(^-^;

投稿: pompon | 2010年3月23日 (火) 11時11分

>私、オーロラを見たことがあります。

うらやましい~。私が見たいもの

オーロラ
地球
太陽系
天の川銀河&さらにその先

実現可能なのは最初の2つですね。でも2つめは
ヴァージンの宇宙ツアーで2000万円ですからねぇ。
今から悪事を働いてでも稼ごうかな^^

投稿: Jack | 2010年3月24日 (水) 14時41分

オーロラは簡単に見れますよ。日本人の現地ガイドさんには、オーロラの時期はカナダ・ユーコン準州のWhitehorse(だったかな)で、紅葉の時期にはケベックで、その他の時期はトロントで働いている人もいるようです。
宇宙へは、確かcirque du Soleilの創立者が去年行きましたが、彼ももともとストリート・パッフォーマンスしてた人です。世の中、何がどうなるかわかりませんよ。
あの~、上のお茶碗の写真なんですが。私が小さい時祖父母のうちに行くと、祖父が食材として「なまこ」をバケツ一杯水揚げしてきました。見てあんまり気持ちいい魚介ではなかったのを思い出しました。ごめんなさい(p´□`q)゜o。。

投稿: pompon | 2010年3月25日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/47872213

この記事へのトラックバック一覧です: 曜変天目:茶碗の中に輝くオーロラ:

« 飲みすぎた? | トップページ | 世の中は… »