« サッカー日本代表、また負けた | トップページ | エドじゃなくスティーブだった »

2010年5月25日 (火)

サッカー韓国戦を終えて:落胆している間はない

引き続き、昨日の韓国戦を見た上でサッカー日本代表のことを書いてみたい。

日本代表が勝つための要素としては、(1) セットプレー、(2) サイドアタック、(3) 速攻が考えられるが、昨日の韓国はディフェンスに際して、自陣深くでのファウルを犯すことがないよう非常に神経を使っていたように見える。事実、ゴールに正対する位置で、至近距離のフリーキックというのは一度もなかったはずだ。コーナーキックでは、長身のCBを中心に、日本唯一の長身選手である中澤を封じ込んだ。

サイドアタックは、右の長友は比較的多くの回数を試みたが、如何せん同じ右サイドのMF中村俊輔の出来が悪かった。したがって、サイド攻撃の威力が大幅に減じられ、相手ゴールを脅かすまでには至らなかった。

また左は、SBが専門ではない今野であったことから、こちらは右と違って、攻撃的MF大久保の元気はよかったがその大久保の単発攻撃に終わることが多かった。

なぜ、左SBに最初から駒野を使わなかったのか理解に苦しむ。先発については、ケガの闘莉王に替えて阿倍をCBに使った点も不可解で、岩政ではダメだったのだろうか。

速攻に関しては、中心となるFWがスピード系の岡崎であるため、これまた相手の大型CB陣によってポストプレーはほぼ完ぺきにつぶされていた。また裏を取るプレーも、韓国の2人のCBが鹿島と京都でプレーしているJリーガーであることもあって、読まれていた節がある。岡崎は相手のマークを振りほどこうと必死にプレーしていたが、4バックにワントップでは勝負にならない。

相手のマークに苦しんだのは俊輔も同様だが、こちらは岡崎ほどにはマークを外す努力はしていなかったように見えた。俊輔の場合、自分の周りにある程度のスペースがあってはじめて持ち味を発揮できるので、味方がボールを渡すことができないほど、マークが密着していてはプレーをする以前にピッチから消えてしまう。実際、試合開始から15分ほどはまったく存在感がなかった。

上記のように日本の得点パターンのことごとくを消され、加えて俊輔の不出来があり、いきおいシャドウストライカー的役割を任された本田の負担が大きくなったが、その本田自身もあまりコンディションは良くなかった。体の動きにキレがなく、判断もやや遅れ気味で、代表に参加したての頃の本田を思い出してしまった。さらには、ボールを持った瞬間に相手のディフェンスが入るため、ボールを正確にコントロールできないままのプレーを強いられ、本人も相当にイラついていたようだ。

遠藤と長谷部はそこそこに機能していたように思えるが、背後に不安を感じていたのだろうか、思い切った攻め上がりというのがなかった。俊輔がダメで、本田も効かないとなったら遠藤が攻撃の起点にならざるを得ないところだが、今ひとつ思いっきりがなかった。

以前から言われていることだが、いくらパスをつないでもポイントにはならない。ましてそれが横や後ろへのパスでは何をか言わんやである。

後半のロスタイム、自陣からわずか3人で日本のゴール前まで一気にボールを運び、GK楢崎のファウルを引き出した韓国の小気味いいほどの攻撃 ― あのリズムを日本は見習わなければならない。

むろん、試合開始早々のパク・チソンのような強さ、抜け目のなさを(もっとも期待されている選手の一人である)本田をはじめ、前めのポジションの選手は全員が大いに参考にすべきである。

最後に、ここで負けても本番で勝てばよいのだから、選手たちには(岡田監督にも)自信を失ってほしくない。落胆しなければならないのなら、それは大会が終わった後にしようではないか。

|

« サッカー日本代表、また負けた | トップページ | エドじゃなくスティーブだった »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48458525

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー韓国戦を終えて:落胆している間はない:

« サッカー日本代表、また負けた | トップページ | エドじゃなくスティーブだった »