« 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカーのオッズから | トップページ | 4月な5月 »

2010年5月29日 (土)

辺野古発、辺野古行き

沖縄の普天間基地移設問題は大騒ぎの末、日米共同声明で辺野古への移設が謳われ、一応の決着となった。なんのことはない、辺野古から出発して、辺野古に到着したというわけである。

だがその間に社民党の福島党首が罷免され、連立政権の先行きに不確定要因が生まれ、(政治資金問題などもあって)内閣支持率が急落し、このままでは内閣総理大臣が4人続けて、1年ももたずに退陣することになりかねない。因みにその4人は全員が「世襲議員」である。

今度の騒動のそもそもの原因は、みんなの党の渡辺善美代表が看破した通り、「総理の勉強不足」が大きな原因のひとつだろう。自民党政権下で辺野古移設の話をまとめた官僚たちを遠ざけたことが、外務省をはじめとする官僚たちを非協力的にさせ、沖縄問題に関し政府首脳として把握しておくべき情報にアクセスできなかったという事情もあるようだ。そうした官僚の狭隘な「役人根性」も度し難いものではある。

残念ながら、現行のアジア情勢を考えるとアメリカとの同盟体勢は崩すことができない。だが一方で、沖縄の負担が大きいことも事実である。だとしたら、普天間の海兵隊は県外に移すことができなくても、ほかに県外に移しても支障がない施設や部隊はあるのではないだろうか。

日本や極東の安全保障という大前提に戻り、何のための部隊配備なのかという点から日米同盟の根本的な見直し(たとえば、沖縄偏重の部隊配備で有事の際、本当に日本を守ることができるのかといった点など)を行ってもらいたいものである。

|

« 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカーのオッズから | トップページ | 4月な5月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48491334

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古発、辺野古行き:

« 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカーのオッズから | トップページ | 4月な5月 »