« サッカー:対イングランド戦とピッチの高度 | トップページ | またもやの総理辞任 »

2010年6月 1日 (火)

6月スタート

今日から6月。

サッカーワールドカップが始まり、小惑星探査機「はやぶさ」が帰還する予定(といっても地上に戻るのはカプセルだけ)。

世の中では、宮崎県の口蹄疫がどうなるか気がかりだし、来月の参議院選挙に向け喧さも一段と増すだろう。鳩山さんは総理の椅子に留まれるのか。ギリシャ、スペインと続く欧州の金融不安も気になる。

人はそんな風に大小さまざまな憂いと喜びを抱えて生きていて、この惑星はそんな人間を60億以上乗せて母星の周囲を回り続けている。その地球の動きを見せてくれ、世の憂さを1分38秒間だけ忘れさせてくれるビデオをご紹介しよう。

雲が切れ、画面中央に姿を現すのは南米エクアドルのコトパクシ山(5,897m)。その上を満天の星が回転しながら通り過ぎて行く。

スタートから44~45秒後に山頂の真上に南十字星がかかる。そのすぐ左脇には「コールサック暗黒星雲」の姿も。

好きな音楽を聴きながら見るのも一興でしょう。

|

« サッカー:対イングランド戦とピッチの高度 | トップページ | またもやの総理辞任 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48518373

この記事へのトラックバック一覧です: 6月スタート:

« サッカー:対イングランド戦とピッチの高度 | トップページ | またもやの総理辞任 »