« オランダ、強し | トップページ | ワールドカップの「皮算用」 »

2010年6月15日 (火)

ワールドカップ日本代表勝利

2010年FIFAワールドカップ南アフリカで、日本代表は初戦のカメルーン戦を1-0で勝ち、見事なスタートを切った。

直前の強化試合で負け続け、厳しい批判にさらされた岡田ジャパンだったが、本番の舞台で見事に勝利をもぎ取った。

正直冷静には見ていられなかったので、勝因が何かについてはコメントのしようがないのだけれど、試合終了直後の印象としては「ペース配分」と「コンディショニング」という重要なポイント2つで日本チームはほぼ理想通りにできたのではないだろうか。

カメルーンがチームの内紛で(と報じられている)、ベストメンバーで試合に臨めなかったことから、戦前の予想とはまったく異なる、ディフェンシブな戦い方をしてきたため、日本も試合開始直後から全力で相手の攻撃に対応しなければならないという場面がほとんどなかった。それが後半になっても守備が崩れなかった大きな原因だろう。

また、高地順化もうまく行ったようで、前半から飛ばしていた大久保、松井はばてたが、中澤と闘莉王というセンターバック2人は最後まで足が動いていた。

だが次の対戦相手オランダは、カメルーンのような甘い試合運びはしてこないだろう。今日の試合展開も参考に、キックオフからハイペースで攻め込んでくると思われる。そこを如何に耐えるか。今日のカメルーン戦以上に苦しい展開が予想される。

ただ初戦に勝利したことはチームの士気を高める効果をもたらしたはずだ。勝負事には「勢い」も大切である。今日の勢いを次に活かしてほしいものである。

【追記】
その1:岡田監督の本田起用には批判的な意見を述べてきたが、今回の勝利で岡田采配が正しかったことになる。こちらの不明を陳謝する。本田は1列目でも2列目でもとにかく「真ん中」で使うのがいいのではないかという気がしてきた。

その2:ただし、本田に対する見方は変わっていない。やはり「遅さ」が気になるのである。言いかえれば俊敏さに欠けるということか。「それでも結果を出したのだからいいじゃないか」という反論には、「1本でそれまでの評価を覆すほどのゴールではなかった」とだけ今は言うに留める。

その3:「我々はまだ何も手にしていない」。この岡田監督の認識は正しい。

|

« オランダ、強し | トップページ | ワールドカップの「皮算用」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48634183

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ日本代表勝利:

« オランダ、強し | トップページ | ワールドカップの「皮算用」 »