« 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカー最新オッズほか »

2010年6月10日 (木)

ギター・リハビリ中:爪

およそ30年ぶりに本気になってギターの練習をしている。練習を進めて行くうちにいろいろなことを思い出してくるものだ。

爪の形を整え、表面を滑らかに仕上げるために専用のヤスリとサンドペーパーを買ってきた。

そのヤスリで爪を削りながら、薬指の形を整えるのに苦労したことを思い出した。人さし指と中指の爪はギター弦をつま弾くのに都合のよい形をしているのだが、薬指だけはちょっと形が違い、きれいな音を出すのが難しい。

しかも以前爪で弾いていたのはガットギターだったが、今はスティール弦のフォークギターである。あれやこれや爪の形を微調整してどうにか納得できる音が出るようになってきた。ところが今度は爪の先が細かく割れる。おそらくスティール弦であることと、こちらの年齢が上がり爪が弱くなってきたこととが原因のようだ。

そこで、爪を補強する必要が出てきた。ギタリストの爪補強といえばアロンアルファの「釣名人」という接着剤が有名だ。ただし接着剤なので、爪に塗るためのブラシなどは当然付いていない。因って爪の表面に均等に塗るのが難しく、ぽたぽたと周囲に垂れることもある。それと本来人体に使用することを想定していない点も気になる(以前、東亜合成に確認した時は、「人体には無害だが、爪に塗るなどの用途は推奨しない」という返事だった)。

今はそのほかに、ネイリングで使う「スカルプチャー」(押尾コータローはスカルプチャーで爪を補強している)や「グラスネイル」などというものもあるが、いずれも手間ひまがかかり、価格も相当なものである。

どうしようか悩んでいた時、たまたま「Hands Be」という東急ハンズの系列ショップで発見したのが「弱爪補強コート」というもの。「弱爪」は「じゃくそう」とでも読むのだろうか、造語だと思うが、要は爪の弱い(女の)人でも長く爪が伸ばせますよ、という代物。

爪に塗るためのものなのでブラシが付いており、きれいに塗ることができる。どうやらこれで当面、爪が割れる・はがれるという問題は防止できそうだ。ただ一点、この弱爪補強コートには難がある。爪がピカピカと輝いてしまうのだ。先の半分だけに塗ることで目立つのを抑えているが、既に何人か知り合いにびっくりされている。

【お断り】
当初このエントリーは「禁じられた遊び」という題でしたが、どういう理由からか本文が表示されませんでした。そこで再度本文を書きなおしたのですが、今度は本題の『禁じられた遊び』に行きつく前に、「爪」の話題が長くなってしまいました。そこで急遽、タイトルを「ギター・リハビリ中:爪」に変更し、内容も大きく変えました。

なお、当初の「禁じられた遊び」に書いた内容は後日改めてエントリーを作り直し、ご披露いたします。

Jack

|

« 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカー最新オッズほか »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48597451

この記事へのトラックバック一覧です: ギター・リハビリ中:爪:

« 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会優勝候補:英国ブックメーカー最新オッズほか »