« ワールドカップ日本代表勝利 | トップページ | 気づいたら、梅雨 »

2010年6月15日 (火)

ワールドカップの「皮算用」

皮算用 ― あまり良い響きの言葉ではない。なにやら「姑息」というイメージもある。だがそれは当事者が行った場合で、サッカーなら岡田監督や選手が口にするべきことではないが、ファンがやるなら何ら問題はないだろう。

ということで、「皮算用」、やってみた。

現在グループEの成績順位は次のようになっている。

  チーム  日本 勝点
1 オランダ  ×  ―  ―   ○
(2-0)
 3  2  0 +2
2 日本  ―  ×    ○
(1-0)
 ―  3  1 0 +1
3 カメルーン  ―    ●
(0-1)
 ×  ―  0  0 -1 -1
4 デンマーク    ●
(0-2)
 ―  ―  ×  0  0 -2 -2

次にこの4チームは6月19日に第2戦を、6月24日に第3戦を戦うことになっていて、その組合せは次の通り。

■グループE第2戦
日本vsオランダ
カメルーンvsデンマーク

■グループE第3戦
日本vsデンマーク
オランダvsカメルーン

まず第2戦では、次の9つのパターンが考えられる。
○日本 ●オランダ
●日本 ○オランダ
△日本 △オランダ
     ×
○カメルーン ●デンマーク
●カメルーン ○デンマーク
△カメルーン △デンマーク

このうち、カメルーンとデンマークが引き分けた場合、両チームの勝点は最高でも4ポイントにしかならず、日本はオランダ戦を落としても最終のデンマーク戦に勝てば6ポイントとなるため決勝トーナメントに進める。もちろん、オランダに勝てばこの星勘定はもっと楽になり、カメルーンとデンマークが引き分けた時点で予選通過が決まる。

第2戦で想定される最悪のパターンは日本がオランダに2点差以上で負け、カメルーンかデンマークのどちらかが2点差ないし3点差以上で勝つというもので、そうなると日本は最終デンマーク戦を絶対に勝たねばならなくなる。

また、彼我の実力差を考えた場合、オランダ相手に勝ちに行こうとすれば、スターティングメンバーの中に1人や2人の故障者は覚悟しなければならないだろう。故障者が出なくても、選手の疲労は相当なものとなり、第3戦への影響は避けられない。因って、現実的戦略として次のオランダ戦は引き分けをプランAとする。つまり守備的布陣を敷き、カウンター攻撃に活路を見出すということである。メンバーもかなり入れ替える必要があるだろう。そこで考えたのが次の布陣。

-----森本-----
-中村憲-本田-中村俊-
---遠藤--稲本---
-長友-闘莉王-岩政-今野-
-----川島-----

松井、大久保、長谷部という、第1戦で最もよく動きまわった3人は(勝利に大きく貢献したが)この際使わない。ことに大久保と長谷部はかなり消耗していたので休ませるべきだろう。

中澤も随所で全盛期に近い動きを見せていたが、ディフェンダーには怪我がつきもの。年齢を考えると休養を入れた方がいいだろう。本当は、怪我が多い闘莉王も休ませたいところだが、残念ながらリザーブにセンターバックは一人しかいない。うーん、前半と後半で闘莉王と中澤を入れ替えるか。

右サイドバックは、今野か駒野かの選択になるのだが(ここに内田の名前をあげられないのが残念だ)、怪我の回復が順調なら一度今野を使っておきたい。

対オランダ戦のデンマークを見る限りでは、日本にも勝つチャンスは十分にある。本田については本来の、また本人も一番好きなトップ下でリフレッシュしてもらおう。前には森本がいるので、フォアチェックなども全部任せていいかもしれない(冗談だが)。

これなら、万一デンマーク戦で勝点3が必要な状況になっても、第1戦と同様の布陣を第1戦に近いコンディションで組むことができる。

前半は上記のメンバーで戦い、後半は状況に応じて交代を投入する。玉田や岡崎など、走り回れる選手も選択肢として考えられるし、長谷部など“レギュラー陣”を後半だけ使う手もあり得る。

岡田監督はベスト4を目標に掲げているが、現実的に見た場合、日本の実力なら予選リーグ突破/ベスト16でも十分評価に値する。もちろん「大志」は抱くべきだが、戦い方という現実的計画を組み立てる場合は、大志や夢、野望ではなく「計算」を優先すべきだ。

|

« ワールドカップ日本代表勝利 | トップページ | 気づいたら、梅雨 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48638852

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップの「皮算用」:

« ワールドカップ日本代表勝利 | トップページ | 気づいたら、梅雨 »