« 30年 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 »

2010年6月 8日 (火)

菅新内閣誕生

今日の夜、皇居での親任式を経て菅内閣が誕生する。

忌憚なしに言えば、「お雛様の首をすげ替えて、衣装を少し手直しした」程度の変化という気がしないでもないが、その首は前のものとはだいぶ容貌が異なり、厳しい顔つきになりそうだ。と言うのも、菅さんには鳩山さんにはない「我の強さ」が見られる。リーダーシップという点に関しては、前任者よりはまっとうな対応が見られるのではないかと期待している。

その菅さんが民主党代表に選出された後の記者会見で「岡田ジャパン」の名を出したので、どんな話をするのかと期待していたら、何だかよく分からない展開になり、いつの間にかサッカーの話は消えてしまった。菅さんはサッカーを引き合いに出して、何を言いたかったのだろう。

或いは、サッカーにおいては指導者(監督)を替えることで、メンバーは変わらないのにチームが豹変することがあるという話でもして、自分が総理に就任することで政治を一新するという意気込みを語ろうとしたのだろうか。だがもしそんな意図があったとしても、それではこれから戦おうという日本代表チームの監督に失礼だし、さらには自分の前任者で長年の同士をある意味否定することになる。そうだとすれば、論旨もあればこそ無理矢理話頭を転じたのも理解できる。

ただこれからの国家運営は、いったん始めたら途中でうやむやにはできないことを肝に銘じてほしい。まして、前任者が自分の発言を守りきれなくなって辞任したことを思えば、これからは言葉ひとつも徒や疎かにはできまい。また昨年の総選挙で何故国民に圧倒的支持を得たのかそのことも思い返すべきだろう。民主党政権、もう一度だけ期待してみようか。

|

« 30年 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48578295

この記事へのトラックバック一覧です: 菅新内閣誕生:

« 30年 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【1回戦】 »