« 経過報告:スイミング | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ:ベスト16と優勝候補オッズ最新版 »

2010年6月25日 (金)

サッカー:W杯日本決勝トーナメントへ

今日、日本中で、寝不足の人はいったい何人いたのだろうか。私もその1人であり、少なくとも周囲に10人は同じように「寝てませーん」という人がいた。

さてその原因となったサッカー・ワールドカップの予選デンマーク対日本の1戦は3-1で日本が勝利。見事決勝トーナメント進出を果たした。

このゲームを制したのは2本のフリーキックだった。1本目は前半17分本田が右サイドから決め、2本目は同じ前半の30分に今度は遠藤が決めた。それまでに、42試合が行われ、決まったフリーキックはわずか1本。今大会の公式球「ジャブラニ」が如何にコントロールしにくいボールかは、その数字が物語っている。

そのあばれ馬のようなボールを、本田は回転させずに蹴ることで軌道にブレを生み、相手GKの判断ミスを誘うことで、その指先わずか1、2cmのところをすり抜けさせゴールに叩き込んだ。

一方の遠藤は本田とはまったく異なるアプローチで、ボールをこするように蹴りあげることで回転させ、デンマーク選手たちが作る高い壁の脇を通し、ゴール右隅のネットを揺らした。世界から集まった精鋭たち、その中には何人もの名だたるフリーキックの名手がいたが、彼らが御し切れずにいた「くせ球」を本田と遠藤はそれぞれの方法で手の内に収めたのである。

ところで、日本代表チームはワールドカップの本番になってから変わったと言われている。確かに、本来ミッドフィルダーである本田をフォワードとして使い、中心的存在だった中村俊輔を外して、右サイドハーフに松井を入れ、さらには守備的MF遠藤と長谷部の後ろ、ディフェンダー陣の前に阿部を配置するというシステム/メンバーの変更という分かりやすい違いがあるが、もうひとつちょっと気をつけて見ると分かる変化がある。

それは日本チームが守備を開始するラインが、大会前の対イングランド戦や対コートジボワール戦の時よりも下がったことである。本大会前までは、相手ボールになるとFWや攻撃的MFは相手がまだ敵陣にいる段階からプレッシャーをかけに行っていたが、予選リーグの3試合では、まず自陣にすばやく引いてディフェンスブロック(単純に言えば、MF4~5人とDF4人の2列で構成する四角形)を形成し、相手の攻めに対抗するようになった。

言いかえると、それまで敵陣のセンターサークルの端辺りから開始していた守備を、自陣のセンターサークルの端辺りまで下げたのである。

その結果、組織での守備を即座に始めることができ、日本人プレーヤーが苦手な「スクランブル」プレーが減り、常に2~4人のグループでの対応が可能になった。次に日本の試合を見るとき、日本の選手がボールを持っている相手プレーヤーに、ピッチのどのあたりからチャレンジしていくか-つまりボールを奪いに行くか。如何にすばやく守備のブロックを作るかに注意して見てほしい。

その「次の試合」は6月29日、グループFを1位で突破した南米パラグアイとの1戦である。

|

« 経過報告:スイミング | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ:ベスト16と優勝候補オッズ最新版 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48721813

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:W杯日本決勝トーナメントへ:

« 経過報告:スイミング | トップページ | 2010年FIFAワールドカップ:ベスト16と優勝候補オッズ最新版 »