« サッカーの審判 | トップページ | 大相撲問題:「国技の担い手」としての自覚欠如 »

2010年7月 8日 (木)

2010 FIFAワールドカップ:決勝はオランダとスペイン

攻撃は最大の防御―それを、今日のスペインのサッカーが証明した。

とにかくキックオフ直後から積極的だった。完全に復調したイニエスタが右に左に、前に後ろに自在に動き回り、シャビがそれよりもやや下がり目の位置でサポートする。そのバランスが良い。

そのスペイン中盤の動きに対応しなければならない分、ドイツの攻撃が鈍る。ポドルスキもラームも効果的な攻め上がりができない。サイドが動けないため、中央が窮屈になりエジルが簡単に詰まってしまう。スペインの前へ、前へという意識が功を奏した形だった。だが相変わらず得点は少ない。

結局、後半28分、シャビのCKをプジョルがヘッドで押し込んだ1点だけだった。ただ、あの得点にスペインのしたたかさと技術の高さを感じた。

それまでのスペインはほとんどショートコーナーを選択していた。それがあの時は、中央でセルヒオ・ラモスとピケがドイツDF陣をブロックするようにして隙間をこじ開けたところへシャビが正確にボールを蹴りこみ、そこにプジョルが走りこんできて頭で合わせた。たぶん、ドイツの選手たちはプジョルが見えなかっただろう。あのプレーはスペインの「秘密兵器」のひとつだったと私は踏んでいる。

また激しい内容ではあったが、このゲーム、今大会2度目の無警告(イエロー/レッドカードなしの)試合だった(もう1回は予選リーグの北朝鮮対コートジボワール戦)。そのせいだろう、試合後、両チームの選手が互いに健闘をたたえ合い、握手したり抱き合ったり、ユニフォームを交換する姿が多かったような気がする。

さてこれで残るは2試合のみ。オッズの紹介も最後である。

 チーム  オッズ
 Spain  4/7
 Holland  6/4

英国ブックメーカー、ウィリアム・ヒルはスペイン有利と判断した。私の予想は留保する。なんせ、優勝を断言したドイツがあっさり負けてしまい、今や自信喪失気味。またどちらのチームにも勝ってほしいという複雑な心境でもあり、こうなったら好試合を期待するのみである。

|

« サッカーの審判 | トップページ | 大相撲問題:「国技の担い手」としての自覚欠如 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48830971

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFAワールドカップ:決勝はオランダとスペイン:

« サッカーの審判 | トップページ | 大相撲問題:「国技の担い手」としての自覚欠如 »