« 2010 FIFA ワールドカップ:ベスト8 最新オッズ | トップページ | 2010 FIFAワールドカップ:ベスト4と最新オッズ »

2010年7月 3日 (土)

2010年FIFAワールドカップ:準々決勝オランダvsブラジル

これがサッカーの面白さであり、これがワールドカップの怖さでもある。

これまで、初戦で多少もたついた感はあったものの危なげなく勝ち進んできたブラジル。このオランダ戦でも先制点を上げ、前半は完全にゲームを支配していた。

一方のオランダは、攻撃的MFのスナイデルがブラジルのDF陣に抑えられ、またファンペルシー、カイト、ロッベンの攻撃陣も球をしっかり受けられず苦戦。このままではブラジルの圧勝もあり得るような雰囲気で後半を迎えた。

その盤石に見えたブラジルがたった一つのプレーを境に瓦解する。後半8分スナイデルのクロスにGKとMFフェリペメロが空中でぶつかり、ボールはフェリペメロの頭に当たってネットへ。ブラジル痛恨のオウンゴールとなる。【後にFIFAがオウンゴールを取り消し、スナイデルの得点と訂正した。】

Photoこのプレー以降、ブラジルのDFが思うように機能しなくなり、スペースが生まれ、それまで動けなかったロッベン、スナイデルが生き生きとした動きを見せるようになる。

ブラジルの我慢の時間が続く中、後半23分、コーナーキックをニアサイドでカイトが頭ですらし、それを抜群の反射神経でスナイデルがヘッディング。追加点を上げたオランダがブラジルを逆転した。【写真はヘディングを決めた後、おでこをたたきながら喜ぶスナイデル】

その5分後、フェリペメロが相手選手を踏みつけてレッドカード。これで勝敗はほぼ決した。その後、ブラジルは何度かいい場面を作るものの結局同点にできず敗退。

ブラジルの先制点をアシストしたのも、オウンゴールを決めたのも、退場で味方の数的不利を作りだしたのもフェリペメロというように、良くも悪くも彼が試合の節目を作った「主役」だった。

オランダは1998年フランス大会以来のベスト4進出である。

一方、負けたブラジルは4年後にはワールドカップを自国で開催する。果たして誰が監督になり、どんなサッカーを見せるのか。今夜の試合の前半のような戦い方なら、ドゥンガも国内で批判されることはないだろうが、なにしろ成果を上げることができなかった。このまま自国開催まで監督を続けるのは難しいだろう。

|

« 2010 FIFA ワールドカップ:ベスト8 最新オッズ | トップページ | 2010 FIFAワールドカップ:ベスト4と最新オッズ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48780568

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年FIFAワールドカップ:準々決勝オランダvsブラジル:

» fifaワールドカップ 1998年フランス大会 2010fifaワールドカップ南アフリカ大会 [岡田ジャパン 最新情報]
諏訪哲人のジャパノロジー:W・Cupは終わったが!? - livedoor Blog ... 日本もその点では、今回、国外で、国産監督でW・Cで一次リーグ戦突破を勝ち取った(1998年フランス大会以前はよく知らないのだが)。 しかし、プロ野球もそうだし、サッカーでも、選手も「国産」にこだわっているわけにはいかない時代になった(日本 ...(続きを読む) 2010年南アフリカ大会で、サッカー日本代表は4度目のワールドカップと ... 4人の選手のワールドカップでの得点は、 2得点 稲本潤一 2002年... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 14時01分

« 2010 FIFA ワールドカップ:ベスト8 最新オッズ | トップページ | 2010 FIFAワールドカップ:ベスト4と最新オッズ »