« トロン・レガシー | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【3回戦】 »

2010年7月24日 (土)

セーグルオカレンズ

Photo気に入って最近ちょくちょく買っているのがこの「セーグルオカレンズ」。

クルミとレーズンが入っていて生地がどっしりと重く、「美味い」の一語。ただ少々カロリーが高そうなのが気になる。そのせいか、それとも買って帰るとコーヒーを入れ、一人で黙々と食べる父親の食欲に気圧されるのか娘たちは手を出さない。

売っているのはこちらのお店で、他にも(ベーグルがなくなったのが残念だが)パンドゥミやバケットなど種類が豊富。

余談だが、このお店では以前きわめて奇妙な出来事があった。それはパンを調理する男性スタッフから販売担当の女性スタッフまで、私が確認できた限りでは全員がある日突然入れ替わってしまったのである。いったい何があったのか…。憶測を書くのは控えておくが、中に1人とってもきれいで感じのよい女性がいて、その人に会えなくなったのはかえすがえすも残念だった(あ~)。

ところでパンの名前というのはどうやって決まるのだろう。というのも、この「セーグルオカレンズ」なる名前の意味を知りたくて調べたところ、「セーグル」はフランス語で「ライ麦」を意味する「seigle」、「オ」は「カフェオレ」などの「オ=au」らしいとまでは分かったのだけれど、「カレンズ」の意味・スペルがなかなか分からなかった。

結局、「カレンズ」とは「currant」(スグリ、小粒のレーズン)と判明したのだが、「currant(s)」は英語であり、フランス語では「groseille」または「raisin de Corinthe」というらしい(断言できず申し訳ない。French isn't my strongest pointということでご容赦を)。また、「currant(s)」がそのままフランス語だとしても、「カレンズ」という発音にはならないだろう。

つまり、この「セーグルオカレンズ」というのはフランス語と英語から成る(日本での)造語のようだ。日本人が外国語を「ファッションの一部のように扱う」ことは商売柄よく承知しているところで、これもおそらくは「音がそれっぽい」といった感覚で命名したものだろう。その軽薄なセンスが気になるが、パンの味には何ら影響はない。来週、また買いに行こうと思っている。

|

« トロン・レガシー | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【3回戦】 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/48966258

この記事へのトラックバック一覧です: セーグルオカレンズ:

« トロン・レガシー | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【3回戦】 »