« スイム:トータル2500m | トップページ | 買って失敗 »

2010年8月12日 (木)

日航ジャンボ機墜落事故から25年

あれから早や25年。

あの日、私は会社の車を預かり運転して帰宅する途中だった。午後7時だったか、首都高速横羽線の上で「羽田発大阪行きの日航ジャンボ機が消息を絶ちました」というニュースを聞いた。その行方が分かったのは午後9時を過ぎていたと思う。長野県内で墜落し、ほぼ全員が絶望と思われるという報道だった。520人が死亡、生き残ったのはわずか4人だった。

先日、あの飛行機の管制を担当した人の話が新聞に掲載された(参照)。その管制官は、他の機の操縦士にも内容が分かるよう本来英語でのやり取りが義務付けられている管制交信を、途中で「今からは日本語でかまいません」と日航機のパイロットに伝えた。それほどに事態は深刻だった。

機上と地上での懸命な努力にもかかわらず、JAL123便は墜落した。

「経験したことのない強いショックを受けた。助けられなかった喪失感と、墜落したという衝撃が同時に去来した」(管制官)

今ここにあらためて事故の恐ろしさを思い、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

|

« スイム:トータル2500m | トップページ | 買って失敗 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49131287

この記事へのトラックバック一覧です: 日航ジャンボ機墜落事故から25年:

« スイム:トータル2500m | トップページ | 買って失敗 »