« 目の話:近近メガネ | トップページ | デッキブラシに蛹 »

2010年8月24日 (火)

目の話:加齢、障害、目の病

目を酷使することの多い仕事をしているせいか、はたまた加齢によるものか、この10年ほどは毎年眼医者のご厄介になっている。

通常の検診だけでなく、目の障害でも何度か診察を受けたことがある。最初は「飛蚊症」(ひぶんしょう)だった。気づいたのは真っ青な空をぼんやりと眺めていた時。本来なら何にもないはずの青空に奇妙な模様が見える。

見る場所を変えたり、片目を手で覆ったり、瞬きを繰り返したりと、いろいろ試してもその模様は消えなかった。気になり眼医者に行くと、飛蚊症の診断。ただし、それが直ちに失明などの重大な症状を引き起こすことはないと説明され、ちょっと安心。

ところがその数年後、今度は視界にマッチ棒の頭ほどの白い半透明のスポットが現れるようになった。それが何なのか…。

私の知り合いにプロの漫画家/イラストレーターがいるのだが、その彼が以前、「網膜剥離」にかかり危うく失明しかけたことがあった。私と同い年であったことなどから少々不安になり、「網膜剥離」ではないかと医師に尋ねたが、そうではないと否定された。では何なのか…。私立の総合病院、国立医療センター、大学病院と、診察を受けて回ったが明確な診断がつかない。

その頃、ネットで眼科学会が主催している電話相談のことを知り、かけてみることにした。応対したのはこれも女性の先生で、こちらの説明をじっくりと聞いてから、「実際に診察をしないと断言はできませんが、お話をうかがった限りでは、『後部硝子体剥離』ではないかと思います」。

2「硝子体」とは「前方の水晶体・毛様体と後方の網膜との間の腔をみたし、前後に圧迫された球形の袋に入った半流動体」(広辞苑)である。これが若い時はきれいな球状を呈しているのだが、年齢と共に「張り」を失ってゆき、球状を維持できなくなって歪み、時に後方の網膜との間に隙間が生じることがある。それが「後部硝子体剥離」である。

ようやくはっきりとした病名に行き着いたのだが、残念なことに「治療法はありません」とその女性医師は言う。それが3年ほど前のことだった。その時のアドバイスでコラーゲンを摂るようになったのだが、やはり一度は診察をしてもらおうと、ちょうど不整脈のことで昭和大学病院に通うようになったのを機に、徹底的に調べてもらうことにした(因みに、巷間よく言われる「昭和医大」という呼称は正しくない)。

それまでに眼科の診察は何度も受けていたので、昭和大学病院でも取り立てて珍しい診察方法はなかったが、一つひとつに時間をかけるのが印象的だった。またその時の医師も女性だったが、眼科には女性医師が多いのだろうか。

余談だが、眼科の診察を経験したことのない人が初めて受けてびっくりするのが、診察用のプリズム(だと思われる)を眼に直接当てて行う診察である。上手な医師だと痛くもなんともなく、眼の玉に突然何かがぴったりとくっ付いてくる感触がある程度なのだが、下手な医師だと(痛くはないのだが)きわめて不快な感覚を覚えることがある。

また、時に瞳孔拡張剤を使うので、眼科に行く時はサングラスが必需品となる。もちろん、帰りに車を運転することは厳禁とされている。

特に自覚症状がなければ、人間ドックなどで行う検査ぐらいでもじゅうぶんだろうが、もし視界に蚊のようなものが飛ぶようになったり、なんとなく見えにくいと感じたら、精密検査を受けることをお奨めする。ただし飛んでいるのがモスラだったら、別の診療科を考えた方がよいかもしれない。

|

« 目の話:近近メガネ | トップページ | デッキブラシに蛹 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

う~ん。モスラって大きな蚊じゃないんですか?ケベックの蚊はジーンズの上からでも刺しますけど?( ^ω^ )

投稿: pompon | 2010年8月25日 (水) 09時04分

>モスラって大きな蚊じゃないんですか?

モスラは大きな「蛾」です。

>ケベックの蚊はジーンズの上からでも刺しますけど?

以前、シベリア探検のノンフィクションを読んだときにも出てきました。
分厚い布の服を着ていてもその上からガンガン刺してくるって。
たぶん、そういう蚊には蚊取り線香なんぞ効かないでしょうね。
その点、日本の蚊はおしとやかですかな。

投稿: Jack | 2010年8月25日 (水) 22時12分

そうか、蛾なら飛んでもいいんだ……(*.*)\(--;)バキッ

投稿: Buckeye | 2010年8月26日 (木) 07時17分

>蛾なら飛んでもいいんだ

いえ、それは飛蛾症です^^

投稿: Jack | 2010年8月26日 (木) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49243884

この記事へのトラックバック一覧です: 目の話:加齢、障害、目の病:

« 目の話:近近メガネ | トップページ | デッキブラシに蛹 »