« ファットスキャン (1) | トップページ | ファットスキャン (3) »

2010年9月11日 (土)

ファットスキャン (2)

CTスキャナーを使った腹部脂肪の測定結果は3日後に郵送されてきた。

封筒を開けてみると、腹部の断面画像と測定値の表が印刷された書類が1枚。

内臓脂肪の断面積は127cm2、皮下脂肪は132cm2。判定は「内臓脂肪が多い」だった。どうやら内臓脂肪の場合、断面積が100cm2を越えると「多い」ということのようだ。

腹部以外の部位に関しては、ジムでの測定で「バランスがよい」と判定されているので、やはり体脂肪の腹部集中が私の場合大きな問題ということである。ファットスキャンの所見には、「今の体脂肪の状態で、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上が合併するとメタボリックシンドロームと診断されることになる」と書かれていた。

幸い、高血糖、高血圧、脂質異常に関しては今のところ問題がない。ただ、ジムでも、「脂肪を4kg減らし、筋肉を2.5kg増やす」ことを目標とするようアドバイスを受けている。しかも私の年齢になってくると、脂肪燃焼の方はどうにかなるにしても(これも簡単ではないが)、筋肉量の増加は相当厳しい。事実、昨年12月からジムに通い始め、脂肪量は3kg以上減ったが、筋肉量は0.5kgしか増えていない。おそらく、昔(20年ほど前)のように月に200kmほど走れば、脂肪も減少し、大腿四頭筋も太くなって一石二鳥なのだろうが、今やそこまでの負荷をかけることは故障につながる可能性がある。

で今、脂肪の減少、筋肉の増強を効率的にできる運動は何かを模索しているところである。それと、サプリメントについても考えるべきかなという気にもなってきている。これまではあまり使わずにきたが、疲労回復も含めそろそろ検討してもよい頃かもしれない。

20年以上かけて身に付けてきた脂肪である。落とすにあたっても、短時日で結果を出そうと焦るのは禁物だ。体に負担のない方法・範囲で、そろり、そろりと削って行こう。

で具体的には…、それはまた次のエントリーで。

|

« ファットスキャン (1) | トップページ | ファットスキャン (3) »

その他」カテゴリの記事

コメント

やっぱり日本ではとっても詳しく測定してくれますね。
昨日、体重計を買ってきました。体脂肪の重さ、体脂肪率、Body water、Bone Massを出してくれます。タニタやオムロンの国内向け体重計で測定できるものとはちょっと違うようです。時に後ろの二つは???ただし乗り方が悪いと体重しか出してくれず、体脂肪率は身長と体重からネット上で簡単に計算してくれるので、ちょっとがっかり。 私にしては、結構、大枚はたいたのです。家庭用体重計としては高級品なようですが使いこなせますか。

投稿: pompon | 2010年9月13日 (月) 13時03分

>やっぱり日本ではとっても詳しく測定してくれますね。

えーと、それがですね、ジムの測定用マシンは日本製ではなかった
ような…。
この頃はプールばっかり利用して、トレーニングエリアには行ってな
いので、今度行ったら調べてきます。

投稿: Jack | 2010年9月14日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49420674

この記事へのトラックバック一覧です: ファットスキャン (2):

« ファットスキャン (1) | トップページ | ファットスキャン (3) »