« お詫びとお見舞い | トップページ | ファットスキャン (2) »

2010年9月10日 (金)

ファットスキャン (1)

「ファットスキャン」なるものをご存知だろうか。

「ファットスキャン」とはCTスキャナーを使って行う体脂肪測定である。実にストレートな呼び方だと、最初に耳にした時には思わず吹き出してしまった。もっともこれは和製英語であって、正しくは「Body fat scanning」と言うらしい。

要するに、CTスキャナーで腹部の断層撮影を行って断面画像を撮り、そこから皮下脂肪および内臓脂肪の断面積を割り出し、メタボリックシンドローム(いわゆる「メタボ」)の診断に役立てようというものである。現在のところ、メタボ診断においてもっとも信頼性の高い方法とのことである。

ここ横浜市では、40歳以上の市民を対象とした健康診断の補助制度がある。ただその制度で受けられる検査項目には限りがあり、あれやこれやと個人的に気になる項目については、「オプション」で追加実施してもらうことになる。

先日、オプション料金3,675円也(税込)を払い、その「ファットスキャン」を受けてきた。

私の体型は見た目には「やせ型」なのだが、ジムの最新鋭マシンを使った身体測定では必ず「肥満ぎみ」という判定が出る。これは体脂肪が多いためで、その大半が腹部に集中している。そこで、自分の腹部脂肪がどれくらいなのかを調べようと思い立ったわけである。

CTスキャナーによる測定は以前にも受けたことがある。胸部のレントゲン撮影同様、特に痛くもかゆくもない。ただ今回は検査技師の若い女性に、「おへそを指さしてください」と言われた。

どうやら撮影する場所はお腹のど真ん中、へその辺りのようだ。

機械がブーンと少し音を立てた。途端に「はい、終わりで~す」の声。これで私の腹の輪切り映像が撮られたわけだ。

さて、その結果は…。

つづく

|

« お詫びとお見舞い | トップページ | ファットスキャン (2) »

その他」カテゴリの記事

コメント

> さて、その結果は…。

> つづく

あ~Jackさん、じらしますね~。。。
カナダも(あ、健康保険は州ごとなので、州民健康保険です)健康診断は無料ですが、やっぱりオプション制です。それに脂肪測定があるかどうかは?ですが。タニタの体重計(体組織計?)でも買ってくれば良かったと地団太踏んでいます。タニタ製品は米国からの取り寄せです。田舎なんです、ここ。

投稿: pompon | 2010年9月11日 (土) 02時15分

>タニタの体重計

ご存知ですか、「体重計は最強のダイエットマシン」って(^^)

投稿: Jack | 2010年9月13日 (月) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49410750

この記事へのトラックバック一覧です: ファットスキャン (1):

« お詫びとお見舞い | トップページ | ファットスキャン (2) »