« ファットスキャン (4) | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【5回戦】 »

2010年9月14日 (火)

菅総理続投へ

今日の民主党代表選挙で菅直人代表が小沢一郎前幹事長を721ポイント対491ポイントで降し、引き続き政権を担って行くことになった。

戦前、ネットでは小沢さんの勝ちを予想する声が多かったような気がする(たとえば、この人もそうだった)。私自身はと言えば「まったく分からない」というのが率直なところ。ただ「もう小沢さんが復帰するっていうのは変だよな」というのは強く感じたことで、今回の結果もそうした庶民感覚が根底にあったのだろう。

それが国会議員では、菅支持が206人、小沢支持が200人と拮抗していたのに、党員・サポーターでは249ポイント対51ポイントと、菅さんの圧勝に終わった理由だろう。日本人は脱官僚政治よりも、政治の無駄を省くことよりも、「政治とカネ」に対する否定の姿勢を示したということだろう。

日本経済は確かに低迷している。人々の暮らし向きも決して楽観できない。それでも「或いは小沢さんなら、この閉塞状況を打破してくれるかもしれない」―という期待よりも、「もうカネまみれの政治はいいよ。就任から3ヶ月でこれといった成果は上げてないけど、もう一度菅さんに任せてみようよ」というのが民意であって、今回の民主党代表選挙はその声を敏感に反映したものだったといえる。

さて、その民意が選んだ人物がその期待に応えてくれるかどうか。大勝はしたが、菅総理大臣の本当の戦いはこれから、というよりももう明日から始まる。組閣も迅速に行い、山積する難題・難問の解決に速やかに着手してほしいものである。

菅さんが代表選挙に当たり、約束したことは次の通り。半年後、1年後に、検証するときの参考にしよう。

Photo

|

« ファットスキャン (4) | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【5回戦】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49449626

この記事へのトラックバック一覧です: 菅総理続投へ:

« ファットスキャン (4) | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【5回戦】 »