« 将棋:第69期A級成績順位表 【3回戦、4回戦】 | トップページ | 将棋とコンピューター »

2010年10月31日 (日)

コスモスとヘリ

Showa02コスモスという花が好きなのだけれど、これまでそれを見るため遠出をすることはなかった。それが今年どうしても見たくなり、まずは昭和記念公園を候補地として選んでおいたところ、仕事が忙しくなり、また体調が少々下降気味になったりで行きそびれていた。

Showa01そこへ台風14号がやってくるという予報。おそらく台風が来ればコスモスは相当ダメージを受けるだろう。見るなら今だ ― そこで台風が来る直前、思い立ってコスモスを見に行ってきた。

残念なことに既に盛りを過ぎていて、散ってしまったり、このところの雨で倒れてしまった花も少なからずあった。それでも総数400万本ともいわれる「コスモスの丘」は一面、白、薄ピンク、赤の花々で覆われ、イーゼルを立てて熱心に絵を描く人の姿も見られた。当日はあいにくの曇天だったが、絵の中は抜けるような青空に白い雲が流れていた。

Showa03昭和記念公園は、旧日本陸軍立川飛行場を戦後アメリカ軍が接収して空軍基地として使用した後、1977年に日本に全面返還されたのを受け、その跡地に作られた「国営公園」である。アメリカ空軍立川基地といえば「砂川事件」が知られているが、見た限りでは今公園に米軍基地時代のことを思わせるものはまったくない。おそらく昭和天皇在位50周年事業と位置付けられた公園の性格を配慮し、軍関係の遺物を徹底的に排除したものと思われる。また、園内にも案内用リーフレットにも立川飛行場のことは書かれていない。

だが現実には公園は旧立川飛行場跡地の一部を利用しているに過ぎず、残る大半は陸上自衛隊立川駐屯地として使用されている。「コスモスの丘」の東側がそのヘリポートに当たっているようで、四六時中ローターの回る轟音が聞こえ、私が丘周辺にいた小一時間ほどの間に3機のヘリが飛び立っていった。ふと、沖縄の普天間基地周辺はこれに倍する騒音・轟音が常態化しているのだろうと思った。

昭和記念公園は樹木も多く、サイクリングコースが整備され、夏はプールも開かれる。「子どもの森」と呼ばれる一帯にはいろいろな遊具があり、小中学生にはかっこうの遊び場だろう。私が行った日も遠足の小学生たちや、校外授業なのだろうか高校生の集団もおり、またフットサルコートなどの有料スポーツ施設もあって、大人も子供も楽しめる広々とした公園である。そんなのどかな場所で飛び立って行くマットグリーンのヘリを目にした時は少々複雑な思いに駆られたのも事実である。

単に偶然だろうが、飛び立って行くヘリと丘を覆うコスモスが一つの画面に納まるよう撮影することはできない配置になっていた。

|

« 将棋:第69期A級成績順位表 【3回戦、4回戦】 | トップページ | 将棋とコンピューター »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/49900735

この記事へのトラックバック一覧です: コスモスとヘリ:

« 将棋:第69期A級成績順位表 【3回戦、4回戦】 | トップページ | 将棋とコンピューター »