« 「はやぶさ」Mission Completed | トップページ | ひさしぶりに… »

2010年11月25日 (木)

「近隣有事緊急速報」

一昨日(2010年11月23日)、北朝鮮が突然、黄海上にある韓国の延坪島(ヨンピョンド)に砲撃を加えた。これに対し韓国軍も応戦。結果的に韓国側に民間人2名と兵士2名が死者が出た(北朝鮮側の被害については発表されていない)。

北朝鮮の言い分は、「韓国が北朝鮮領海内で砲撃演習を行ったことへの報復」ということだが、相変わらず身勝手な言い分ではある。ただし今回の一件、北朝鮮に本気で戦争を起こすつもりはなかったろう。今の北朝鮮に韓国や米軍を相手にして戦うだけのじゅうぶんな戦闘能力があるとは考えられないし、米軍は既に演習という名目で、まともに戦えば、1日でピョンヤンを壊滅させることができるとも言われている原子力空母を現場近くの海域に派遣している。

では北朝鮮はどんな落とし所を想定しているのだろうか。今後の展開を注視することにしたい。

ところで一昨日の午後、私はジムでトレーニングをしていて、その後買い物などをして家に戻ったのが午後6時過ぎ。その時点でようやく事件を知ったのだが、発生からはおよそ4時間が経っていたという、少々間の抜けた状態であったわけだが、一方で我が国の総理大臣はというと、秘書官からの連絡で午後3時半頃に知ったとのことで、事件発生からは55分後のことだった。

確かにこれはあまりに遅すぎる。午後3時11分には時事通信が第一報を配信していたというから、民間の報道機関に遅れること20分近い。日本を狙ったミサイル攻撃だったら、標的が首相公邸だったら、菅総理は何も知らないまま一命を落としていたという可能性さえある。

先日の尖閣諸島沖の一件でも明らかになったことだが、とにかくこの国の政府は危機管理意識があまりに低い。

近接する4つの国のうち、1国は我が国領土の一部を支配していて、2国は休戦中とはいえ戦争状態にあり、もう1国は制海権を握ろうと我が国の領海を侵す機会を虎視眈々と狙っている。今世界で最も危険な区域は東アジアだといわれるほどであるという認識の下、もっと危機意識を高めるべきだろう。

たとえば、今回のように隣国同士が戦闘状態に突入した場合に、「緊急地震速報」のように国民にいちはやくその情報を知らせる「近隣有事緊急速報」といった仕組みを構築するべきだ。「速報」が発信された場合、スポーツジムのような施設では利用者に、「北朝鮮が韓国の島に砲撃を加えた模様です」と館内放送で知らせることを義務付けるのである。

もちろん、その後どのように行動するかは各自の判断に任せることになるわけだが、ラジオ、テレビ、携帯電話といった情報機器を使えない状態にいる者としては、何も知らないままでいるより、そうした形で事態を知らせてもらった方がはるかによい。ただ、速報の文言には十分注意を払い、パニックが起こらないよう配慮すべきである。

地震速報が出ても、それが外国人ならパニックを起こすような震度5の強い地震でも、ふだん通りに行動することができる日本人である。「近隣有事緊急速報」の意味が理解されれば、徒にパニックを起こすことはないはずだ。

|

« 「はやぶさ」Mission Completed | トップページ | ひさしぶりに… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この二国間のニュースは こちらの新聞でも昨日(24日)の一面でした。ただし、私が知ったのはこのJackさんのブログで(^-^;
どっからかミサイルが飛んできても、何にも知らずにいそうです。

投稿: pompon | 2010年11月26日 (金) 09時00分

そちらまで北朝鮮のミサイルが飛んでいく可能性はありませんが、
こちらにいらっしゃるご家族や親類がちょっと気にかかるでしょうか。
ただ、ブログにも書きましたが、北朝鮮は「これぐらいなら、韓国も
アメリカも本格的な報復攻撃はしかけてこないだろう」という読みの
もとで軍事作戦を展開しているように思えます。
今回も、何らかの想定外の要因がかかわってこない限り、これ以上
の軍事行動はとらないのではないかと思います。

投稿: Jack | 2010年11月27日 (土) 14時50分

昨日(金曜)朝のラジオで、日本のことを取り上げていました。基地問題で日米関係が冷えたのを見計らって、中国とロシアは領土問題を持ち上げ、その上朝鮮半島は炎が上がっている。2006年9月から首長がめまぐるしく変わって、実務的には「首相不在」のうえ、現在の政府は経験不足(経験なし)である。メディアの影響が信じられないほど強く、何かあると新聞の売れ行きが目に見えて上がる。
話変わって、
Sanyoがお米からパンをつくる機械を発表したそうですね。ラジオの司会者も申し込もうかなと言っていました。(予約分だけ生産するのに春までかかるそうですが)
その後、SMAPの曲が流れて約15分間の中継が終わりました。

国家間のケンカは、言葉も風習も考え方も違う者の争いですからどんな風に進むのか分かりませんね。北米は米国独立以来、大陸内で戦争の経験ないですから余計に「のんびり」なのかもしれません。それと欧州との方が関係が深く、あちらの経済危機の方が気になるようです。

投稿: pompon | 2010年11月28日 (日) 03時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/50131738

この記事へのトラックバック一覧です: 「近隣有事緊急速報」:

« 「はやぶさ」Mission Completed | トップページ | ひさしぶりに… »