« ある女性の人生の時間 | トップページ | ボサノバでクリスマス »

2010年12月14日 (火)

新しいけど中古のスピーカー

スピーカーを買い替えた。

これまで使っていたのは、30年近く前に先代のアンプと一緒に購入したもので、買った当時は満足していたのだけれど、長年使用してヘタってきたせいもあり、またこの頃店や公共施設などあちらこちらで耳にするBoseのカチッとして明晰な音が気に入り、その古いスピーカーの音がヤワでふにゃふにゃしたものに思えてきた。

そこで今度買うとしたらBoseにしようと決めていた。とはいえ、カタログを調べたり、試聴したりするといった熱心さはなく、具体的にBoseにどのような製品があるのかも知らないままでいた。

Photoそれが先日、ある中古品を取り扱っている店で、Boseのスピーカーを発見。音は保証するという店側の説明もあり、また値段も、万一思うような音が出なくても諦めがつく程度だったので買うことにした。

クラシック、中でも交響曲などオーケストラ系の音楽は音の強弱の差が大きいことや音色の多様さ、音域の広さ、音圧の高さなどを考えると大型スピーカーでないとなかなか思うような音が再現できないだろうが、私が好きなジャズやポピュラーといった音楽であれば、あまり大きくないスピーカーでも十分楽しめる。事実、このBoseの音には現在のところ満足している。

Boseのスピーカーにはもう一つ、軽量でコンパクトという利点がある。スピーカーは大きいほど音が良くなるのは知っているが、私の部屋に大型スピーカーを置くスペースはない。Boseなら写真のように壁に取り付けることができる。

今夜もそのBoseのスピーカーから流れる音楽を聴きながら、このエントリーを書いている。もちろんクリスマスソング ― そのCDは明日ご紹介する。

|

« ある女性の人生の時間 | トップページ | ボサノバでクリスマス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/50301847

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいけど中古のスピーカー:

« ある女性の人生の時間 | トップページ | ボサノバでクリスマス »