« ランドセル | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【11回戦】 »

2011年1月15日 (土)

将棋:第69期A級成績順位表 【7回戦】

将棋A級順位戦もいよいよ佳境に入り、昨日までに7回戦が終了。残るは2月の8回戦と3月の最終9回戦―各自2局ずつとなった。

7回戦の勝敗は次の通り。

    【勝】        【負】        (対局日)
△三浦弘行八段-▲丸山忠久九段   (1月12日)
▲久保利明二冠-△郷田真隆九段   (1月13日)
△森内俊之九段-▲藤井  猛九段   (1月13日:千日手指し直し局)
△高橋道雄九段-▲谷川浩司九段   (1月14日)
△渡辺   明竜王-▲木村一基八段   (1月14日)

7回戦の結果を受けての成績順位は次の通り。

第69期(2010年4月~2011年3月)将棋A級成績順位【7回戦終了時点】(前回の順位

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 森内俊之九段 3位 6勝1敗 1 -    
2 渡辺  明竜王 9位 5勝2敗 3  
3 谷川浩司九段 6位 4勝3敗 2  
4 久保利明二冠 10位 4勝3敗 6  
5 三浦弘行八段 1位 3勝4敗 7  
6 高橋道雄九段 2位 3勝4敗 8  
7 丸山忠久九段 4位 3勝4敗 4  
8 郷田真隆九段 7位 3勝4敗 5  
9 木村一基八段 5位 2勝5敗 9 -    
10 藤井 猛 九段 8位 2勝5敗 10 -    

前々回、前回と上位3人の顔ぶれは変わらない。森内は4回戦終了時点で2位になったほかはずっと1位をキープしている。前回3位の渡辺も2回戦で7位になった以外は4位以内を保ち、トップとの星の差も1つを死守している。

■森内九段
残り2局を連勝すれば文句なしで挑戦権を獲得できる。1勝1敗の場合でもプレーオフ出場権は間違いなく、また渡辺の星次第で挑戦権を得られる。

■渡辺竜王
名人挑戦権を得るには残り2局を連勝することが条件となる。その場合でも森内が2連勝すれば挑戦はなくなる。ファン待望の羽生-渡辺の名人戦七番勝負が実現するか。竜王一冠であることへの厳しい評価を跳ね返す意味でも次の谷川戦が正念場となる。

■谷川九段
挑戦には、森内の2連敗と渡辺の1敗が条件となる。渡辺とは次の8回戦で対戦するので、「半自力」のような状況と言えるだろうか。懸念されるのは、今回の高橋戦でも感じたのだが、順位戦の終盤で息切れするようなところが見られる。過去3シーズンの最終3局は1勝2敗、1勝2敗、3敗という記録が残っている。挑戦権獲得はかなり難しい。

■久保二冠
条件は谷川と同じだが、森内との直接対局を残している点が谷川よりやや有利な点である。一方で心配されるのが、王将戦(対戦相手は豊島将之六段)、棋王戦(同渡辺竜王)とタイトル防衛戦が続き、スケジュールが厳しくなる点である。

降級の方は、1位森内、2位渡辺以外は全員に可能性がある。とはいえ、やはり苦しいのは5敗で現在9位と10位の木村、藤井であり、残りを2連勝しても他の棋士の成績次第では降級があり得る。

次の8回戦は2月2日、5局一斉対局である。

|

« ランドセル | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【11回戦】 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/50590544

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第69期A級成績順位表 【7回戦】:

» A級順位戦の行方 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
いよいよ佳境です。 A級順位戦の第七回戦が終わりました。 ● 丸山忠久 三浦弘行 ○ ● 藤井 猛 森内俊之 ○ ○ 久保利明 郷田真隆 ● ● 谷川浩司 高橋道雄 ○ ● 木村一基 渡辺 明 ○ さあ、あとそれぞれ2局を残し、挑戦権争いと降級争いはかなり絞られてきました...... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 19時04分

« ランドセル | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位表 【11回戦】 »