« 年賀状 | トップページ | 初泳ぎ »

2011年1月 3日 (月)

餅の事故とハイムリッヒ法

昨日のことだが、長女が携帯電話のニュースを見て、「お餅で死んだ人が3人だって」と言いだした。

今日ネットで調べた範囲では1日と2日に、全国で10人が亡くなっている。年齢は61歳から95歳と、お年寄りが中心だった。

同じように喉に詰まらせて死亡する事故が相次いだこんにゃくゼリーについては、昨年暮れに消費者庁が、「ゼリーの大きさを直径1cm以下にする」、「1cmを越える場合は弾力性を弱め、噛み切りやすくする」などの安全指標を発表した。因みに1994年以降の発生件数は54件で、死亡者数は22人である。

一方、餅を喉に詰まらせて死亡する事故は年間100件以上で、死亡者数も年平均6人以上である(参照)。ところが、この餅に関しては法的な規制がないのはもちろん、お年寄りには、できるだけ小さく切って、よく噛んでから食べるようにという簡単な事故予防策すらあまり知られていないようで、毎年この時期になると死亡事故の報道がある。

この問題、個人的視点から見ると別の「死角」が浮き上がってくる。それは大半の人にとって、「餅は年1回、正月に食べるものである」という事実に関係する。人は誰しも、自分が年を取ったという事実を認めたがらない。また1年ぐらいでは、体力や運動能力に大きな変化はないと思いがちである。

だが老化は着実に進む。そしていつからか、唾液の分泌量減少、食道の狭まり、嚥下に必要な筋力の衰えなどで「危険ゾーン」に突入する ― 本人が気付かぬうちに。おそらく、事故に遭った人の大半が「まさか自分が…」と思ったのではないだろうか。

かく言う私も、自分が喉に詰まらせる可能性があるなどということは露ほども考えず、正月の雑煮を美味しくいただいた。結果として事故に遭うことなく、無事3が日を過ごしたが、年齢的にはそろそろ、上記の「小さくした餅を、ゆっくりと噛んで食べる」という注意事項に留意した方がよいのは確かである。

長女がこのニュースに反応したのは、元日の食卓で「お父さんも今年は還暦になる云々」という話をしたせいだろうか。暗に、「お餅はゆっくりと噛んで食べてね」ということを私に伝えたかったのかも知れない。

不幸にして餅(食物)を喉に詰まらせた時の対処法には次のようなものがある。成人であれば「咳をする」、子供であれば「咳をさせる」のが一番手っ取り早い方法のようだ。

Photo

 

 

 

 

なお、「ハイムリッヒ法」は大人にも有効なので、やり方を覚えておいて損はない。

|

« 年賀状 | トップページ | 初泳ぎ »

その他」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
こちらは毎日暑くて元旦からプールに浸かりました。Jackさんのように泳げませんが・・・
お正月といえばお雑煮、というところですが、日本を離れてから15年、お餅を食したことがありません。お餅、お雑煮が懐かしいです。
オーストラリアではお餅を買うことは出来ますが「こんがり焼く」ということができず、そのうちお雑煮の作り方も忘れてしまったようです。一緒に喜んで食べてくれる人がいないということにも原因があるような気がします。文化の差でしょうか・・・
お餅で喉を詰まらせることに関して。この数年ご飯で喉を詰まらせてしまう現象を時々経験しています。一口目のご飯が下にすんなり入っていないようで、二口目で喉が一杯になるらしい・・・まだ大事には至っておりませんが・・・次回はJackさんのブログを参考に手当てしてみます。
昔からお正月にはお餅で窒息するというお年寄りのニュースを聞いていましたが、改めて理解するこの頃です。Jackさんのおっしゃる「まさか自分が」というのが私に該当します。
今年もどうぞお元気でお過ごし下さい。

投稿: billabong | 2011年1月 6日 (木) 11時44分

ご丁寧なご挨拶、ありがとうございました。

お餅というのは、小さい頃から食べているのでつい軽く見がちですが、
実はとっても大きな危険をはらんだ食べ物でもあるんですね。特に
小さな子どもやお年寄りは注意が必要です。
実は私も、このエントリーを書いてからは「小さくかじって、よく噛んで」
嚥下するよう気を付けるようになりました。

海外でお雑煮を作るのはちょっと大変でしょうか。関東風なら(我が家
の場合)、餅と鶏肉は手に入るでしょうが、ゆずと三つ葉は難しいでしょう
ね。こちらに戻られた折にでも作ってみてはいかがですか。

本年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: Jack | 2011年1月 7日 (金) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/50483716

この記事へのトラックバック一覧です: 餅の事故とハイムリッヒ法:

» もち詰まらせ高齢者10人死亡 [時々時事爺]
毎年のことだけど [・・・/]亡くなった人は可哀想だけど、それなりのリスクのある食べ物だってことは最初から分かってるんだからさ。こんにゃくゼリーに関して消費者庁は偉そうに大きさを直径1センチ以内にせよ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 23時58分

« 年賀状 | トップページ | 初泳ぎ »