« 拡大する一方の被害 | トップページ | 原発事故:冷静に、油断せず、賢明に »

2011年3月15日 (火)

止まらない原発事故

東京電力福島第1原子力発電所で問題が相次いで発生している。以下簡単にまとめてみた。

3月11日午後2時46分頃:東北関東大震災発生。
3月12日午後3時36分頃:1号炉で水素爆発。建屋上部が吹き飛ぶ。
3月13日:2号炉で圧力容器内の水位が下がり燃料棒が露出したと考えられる。
3月14日午前11時1分頃:3号機で水素爆発、建屋の大半が吹き飛ぶ。
3月15日午前6時14分頃:2号機で異音。圧力抑制室が損傷した可能性あり。
同日午前9時38分頃:4号機建屋4階付近から出火。その後自然鎮火。

これが主な出来事だが、では現在どのような状況にあるのかをまとめると次の通り。

1号機(停止):原子炉内に海水注入中。
2号機(停止):同上。
3号機(停止):同上。
4号機(定期点検で停止中):原子炉内の水位確保。格納容器内での冷却材漏えいなどはなし。
5号機(定期点検で停止中):原子炉内の水位確保。格納容器内での冷却材漏えいなどはなし。
6号機(定期点検で停止中):原子炉内の水位確保。格納容器内での冷却材漏えいなどはなし。

今回の地震で大きな被害を受けた地域内には合計で15基の原子炉がある。上記の福島第1原発が最も規模が大きく、ここに6基が集中している。その6基中、3基で大きなトラブルが起き、海水注入という非常手段が取られている。中でも2号機の燃料棒が大きく損傷している可能性があり懸念されている。

その3基、実は最も古い3基でもある。以下に15基の運転開始年を列挙する。

東通原子力発電所(東北電力)1号機=2005年
女川原子力発電所(東北電力)1号機=1984年
女川原子力発電所(東北電力)2号機=1995年
女川原子力発電所(東北電力)3号機=2002年
福島第1原子力発電所(東京電力)1号機=1971年
福島第1原子力発電所(東京電力)2号機=1974年
福島第1原子力発電所(東京電力)3号機=1976年

福島第1原子力発電所(東京電力)4号機=1978年
福島第1原子力発電所(東京電力)5号機=1978年
福島第1原子力発電所(東京電力)6号機=1979年
福島第2原子力発電所(東京電力)1号機=1982年
福島第2原子力発電所(東京電力)2号機=1984年
福島第2原子力発電所(東京電力)3号機=1985年
福島第2原子力発電所(東京電力)4号機=1987年
東海第2原子力発電所(日本原電)1号機=1978年

原因については今後詳しい調査が行われることになるだろうが、問題を起こした4基の古さが気になる。では同時期に作られた5号機、6号機、また日本原電の東海第2原発1号機ではなぜ問題が発生していないのか。下の写真をご覧いただきたい。青い矢印が5号機と6号機、赤い矢印が1~4号機である。また東海第2原発1号機は南に150km以上離れたところにある。こうした位置の違いや防波堤との相対的位置関係が明暗を分けた可能性がある。

1_2

 

 

 

 

 

 

自然災害はほんの数メートルどころか数cmの違いで生死が分かれる場合がある。それは原子炉の被害といえども同じことなのかもしれない。

|

« 拡大する一方の被害 | トップページ | 原発事故:冷静に、油断せず、賢明に »

その他」カテゴリの記事

コメント

Jackさん、
昨日から、こちらのブログでいろいろ勉強させていただいています。ありがとうございます。
私もまだ読みかけですが、友人から原発について専門家の書いた、一般人にも分かりやすいレポートのサイトを教えてもらいました。すでに読んでいらっしゃったら、ごめんなさい。

Explanation of Nuclear Reactor Decay Heat(原文英語)
http://mitnse.com/

日本語訳
http://bravenewclimate.files.wordpress.com/2011/03/fukushim_explained_japanese_translation.pdf

まだまだ余震が続いていると聞いています。どうぞ、お気をつけて。

投稿: pompon | 2011年3月16日 (水) 21時00分

pomponさん

情報ありがとうございました。
原子力発電というのは原理はきわめてシンプルなのですが、放射能という
やっかいなものがつきまとうため、実現するための技術はかなり複雑な
ものになります。また放射能が目に見えない上に、致命的被害をもたらす
という点が問題をさらに難しいものにしています。
これが火災などのように目に見える現象であったなら、日本の政府や東電も
ここまで後手々々に回ることはなかったと思うのですが。
今日(3月18日)、自衛隊の特殊放水車による注水が行われ、今のところ明
白な成果は確認されていませんが、どうやら注水は成功したのではないか
と見られています。成功してほしいものです。

投稿: Jack | 2011年3月18日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51131523

この記事へのトラックバック一覧です: 止まらない原発事故:

« 拡大する一方の被害 | トップページ | 原発事故:冷静に、油断せず、賢明に »