« 大災害発生時の将棋対局 | トップページ | 拡大する一方の被害 »

2011年3月13日 (日)

計画停電

明日の停電時間帯を調べようとしたら、これが分かりにくい。

ようやく横浜市については市のHPで確認できた(こちら)。

我が家は残念なことに1日2回停電の第1グループに属している。なので、今日は明日納品の仕事を仕上げるために寝ずの突貫工事。

ところで気付いたことを一つ―上記のリンクで開くリストに「中区」は2か所だけしか掲載がなく、「西区」はゼロである。これは、この2つの区が横浜市の中枢に当たるため、停電地域から除外されたものと思われる。

一方こちらは2回の停電。不公平感がなきにしもあらずだが、被災地の人たちの苦労、不便を考えたら文句は言えない。

コーヒーを飲んで頑張るか。

|

« 大災害発生時の将棋対局 | トップページ | 拡大する一方の被害 »

その他」カテゴリの記事

コメント

日本の公営・民営テレビの24時間放送をネットで見ています。計画停電も今朝になって、朝の停電を取りやめにしたようです。Jackさんの白夜突貫工事のかいはあったでしょうか?なんで計画停電なのか?南阪神大震災の時も同様なことをしたのか?首都圏の電気使用量は他の大都市圏より突飛して多いのか?東電は電気をつくる能力があるのに節電を呼び掛けて、生産を抑制していたような記憶がある(記憶違いかもしれませんが)のでどうも???です。福島の原発で、そんなに多量の電気をつくっていたのでしょうか?

このJackさんのブログの常連さんはご無事でしょうか。個人のプログも更新されなかったりすると、少々心配になりますが、停電もあり、その合間を縫って
のお仕事をされたりするとブログどころではないかもしれませんね。

投稿: pompon | 2011年3月14日 (月) 10時16分

pomponさん

計画停電が必要なのは14日の記事に書いた通り、原子力発電所だけでなく
火力発電所でも操業を停止しているところがあるためです。
技術的な詳細は分かりませんし、原子力発電所とは違うと思うのですが、
それでも地震で緊急停止したため、操業再開には設備や周辺部の点検整備
に多少の時間がかかるものと思われます。
もっとも初日(14日)は節電の呼び掛けが奏功したのか、鉄道各社が大幅な
運休に踏み切ったため、最後の第5グループで停電を実施しただけでした。
しかし今日(15日)の展開からすると、福島第1原発は当分使えず、復旧しても
発電能力は半減するでしょうから、停電は当分覚悟する必要がありそうです。

投稿: Jack | 2011年3月16日 (水) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51113627

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電:

« 大災害発生時の将棋対局 | トップページ | 拡大する一方の被害 »