« 春知らせ鳥到来 | トップページ | 計画停電 »

2011年3月12日 (土)

大災害発生時の将棋対局

昨日発生した「東北地方太平洋沖地震」は、現時点(2011年3月12日午後7時)で死者行方不明者合わせて1300人以上という大惨事になった。

地震の規模はマグニチュード8.8、最大震度7は日本で起きた地震としては最大のものである(参考)。

我が家も大きく揺れ、棚の本やCDが床に落ちたり、数はわずかだが割れた食器もある。幸い怪我をした者はなかったが、この地域は地震発生と同時に停電になり、ちょうど仕事の納品時間が迫っていた私はPCが使えなくなり、結局、約束の時間に間に合わせることができなかった。

幸い携帯電話経由でメールをやり取りして、相手に事情を伝えることができたが、公衆電話を探して数kmを歩き、その途中で信号機が消えた道路で渋滞している車の列を見たり、電気の消えた地下鉄駅の入り口の前を通ったりして、これが尋常な地震ではないことを感じた。

今日の午後、部屋の片づけが終わり、PCをつけて仕事を再開したが、しばらくして「そういえば、昨日の将棋はどうしたんだろう」と「名人戦棋譜速報」を見て驚いた。あれほどの大災害が起き、多くの人が被害に遭い、少なからぬ命が失われたことが予測される状況でありながら、すべての対局を最後まで指しおえていた。

日本将棋連盟のサイトには「大地震における日本将棋連盟の対応」と題する告知があるが、「対局再開については、西村地震対策本部長がオブザーバーである主催新聞社の担当記者とも協議をしたうえ、『対局を引き続き行う判断』を決定いたしました」とあるだけで、対局再開の結論に至った理由の説明も、犠牲者やその家族、さらには被災者への配慮も一切ない。

対局の再開(続行)をどちらが望んだのかは分からないが、報道機関である新聞社の担当が被害の甚大さを予測できなかったとは考えられない。仮に将棋連盟サイドが対局続行を主張しても、それを諌め、いったん打ち切りとして後日再開する措置を提案することができなかったものだろうか。中断するためには「封じ手」という有効jかつ簡便な方法もある。

無論、諸々の事情があったのだろうが、プロ野球やサッカーはいち早く土日の試合中止を決定した。今日全線が開通した九州新幹線だが、JR九州とJR西日本は記念式典を中止した。

そんな中で、如何に重要な順位戦であったにせよ、中断という措置を講じなかった日本将棋連盟の対応には良識が欠如していると断じざるを得ない。こうした「世間との乖離」が今日の将棋人気の陰りに少なからず影響していると考えるのは、一将棋ファンの取り越し苦労だろうか。

【追記:2011.3.13】
日本将棋連盟の告知(上記リンク参照)には、被災された人たちや犠牲者への配慮があまりに希薄に思える。被災地の人たちへの配慮と思えるのは、会長による身内の「労をねぎらう」言葉の後、わずかに「各地被災者の方々の安全をお祈りしております」という11文字だけである。
全体に「日本将棋連盟はこれだけ頑張ったんだぞ」と自慢話風に読めるのは私だけだろうか。

|

« 春知らせ鳥到来 | トップページ | 計画停電 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

Jackさん、
物的損傷だけで怪我などされていなくてよかったです。関東でも電気や水道が止まっている地域があるように聞いています。東北の友人とは、東京の友人経由で無事の確認だけとれました。津波はハワイやビクトリア(カナダBC州)でも確認されました。情報化時代は電気がないと何にもなりませんね。時間が経つにつれて、被害の詳細が明らかになり、救助/救済/復旧への対応が急がれるでしょう。被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。

昨日、動画でどこかの事務所(たぶん県庁か市役所)の地震発生当時の映像が出ていました。地震の時は、机などの下に避難するように避難訓練時に言われた記憶があるのですが、誰ひとり机の下に潜らず、机の上や書類棚を倒れないように抑えていました。近くにいた日本人(同年代)と、「あれ!訓練のとき『机の下』に潜らなかったっけ?」と顔を見合わせました。やっぱり実際に起こると違うのですね。

現在、放射能漏れの方も心配されていますか?

投稿: pompon | 2011年3月12日 (土) 23時00分

pomponさん

お見舞いの言葉ありがとうございました。
今回の地震については海外でも大きく報道されているようで、
ほかにも知り合いから心配するメールをもらいました。
幸い関東の西部はあまり大きな被害を受けることはありません
でしたが、それでも神奈川県内だけで3人の方が亡くなりました。
また震源に近い岩手、宮城での犠牲者がどれくらいの人数に
なるのかは現時点では皆目見当がつきません。
1995年の阪神淡路大震災の時もそうでしたが、この規模の大
災害になると、被害の全容を把握するにも相当の期間を要し
ます。
今日昼のニュースでは死者が600人以上、安否不明者は1万人を
超えました。
また福島原発では昨日1号機で建屋が爆発、さらに今朝3号機
でも冷却水が減少し、炉心が一時露出したことが確認され、今は
強制注水が行われています。
仙台のいとこ一家は無事でしたが、福島県相馬に知り合いがいます。
そちらについては安否がまったく分かりません。明日以降、何らかの
方法で確認に努めたいと思っています。

投稿: Jack | 2011年3月13日 (日) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51101619

この記事へのトラックバック一覧です: 大災害発生時の将棋対局:

« 春知らせ鳥到来 | トップページ | 計画停電 »