« 津波:波浪との違いと形態 | トップページ | 「見てみろ、この慌て振りを」 »

2011年4月 5日 (火)

「第二すずらん」建造を急げ

昨日、東京電力が「低レベルの放射性汚染水1万1500トンを海に放出する」と発表した(参照)。心底驚いた。もうそこまで制御不能に陥っているのか。

東電の説明では、主にタービン建屋内にたまっている高レベル放射性汚染水を貯蔵するために、「廃棄物集中処理施設」にたまっている低レベル放射性汚染水を海中投棄することにしたようだが、福島第一原発の施設内(1号機~3号機のタービン建屋と周辺部)には合計6万トンの高レベル放射性汚染水があるという。

それを、上記の「廃棄物集中処理施設」や各原子炉の復水器に合わせて3万トン、清水港などから持ってくるメガフロートに3万トンを収容するとしているようだが(参照)、なぜそれ以前に低レベル汚染水をタンカーに移すなどの処置を講じなかったのだろう。

報道によると、東電はタンカーへの移し替えは作業員が被曝するおそれがあるとして拒否したようだが、低レベル放射性汚染水をタンカーに移すのに被曝の可能性があって、高レベル放射性汚染水をメガフロートに移すのは問題ないということなのか。

またタービン建屋内にある高レベル放射性汚染水には海水が混じっている可能性がある。メガフロートはおそらく鋼板製だろう。内壁にどのような処理が施されているか分からないが、はたして海水に含まれる塩素に対する耐性はあるのだろうか。

これまでは、「専門的知識を持ったプロ集団が対応しているのだから大丈夫だろう」と考えていたが、未だに東電が事故処理の指揮権を握っていることにあきれるとともに、今回の「低レベル放射性汚染水を海中に放出する」という決定を聞き、また漏出源がどこかを確認もせずに「2号機のピットから漏れている高レベル放射性汚染水」をとにかく止めようとしている冷静さを欠いた動きと合わせて、東電にはもう正常な判断ができなくなっているのではないかと危惧するようになった。

(1) 「2号機のピットから漏れている高レベル放射性汚染水」はまず回収を第一に考えるべきで、同時にどこから漏れているかの漏出源特定を急ぎ、しかる後に止水すべきかどうかを判断する。
どこから漏れているか確認しないで出口をふさいだら、行き場を失った高レベル放射性汚染水がどこから溢れ出てくるか予想もつかないからである。

(2) 「廃棄物集中処理施設などにある低レベル放射性汚染水」は、まず(ケミカル)タンカーなり大型バージなりに移すべきである(処理方法については後述)。無論、タンカーやメガフロートは二度と通常の用途には使えなくなるので買い上げなければならないだろう。

(3) それから、「高レベル放射性汚染水6万トン」を復水器などに移す。

(4) 上記の措置が完了してはじめて原子炉を安定的、恒久的に冷やすための冷却系の機能回復を図ることになるが、当然回復できなかった場合の代案も必要となる。政府も東電もその点については一切触れていないが、いわば「外付け式冷却システム」の建造も考慮しておくべきだろう

また別報で、旧ソ連海軍の原子力潜水艦解体処理に伴って出る液体放射性物質の処理施設「すずらん」(橋本政権時代の1998年に日本からロシアに提供したもの)を、ロシアが福島に派遣する準備を始めたとのことだが、はたして「すずらん」を持ってきてどうしようというのだろうか。

今、低レベル放射性汚染水は海中に投棄している。このまま行けば「すずらん」が到着する頃には投棄は完了しているだろう。その後に回収するのは高レベル放射性汚染水である。

すずらん」は元々低レベルの液体放射性物質の処理用に作られている。

その後ロシア側が改良して能力を高めていれば別だが、本来の能力であれば、今の状況ではあまり大きな効果は期待できない。

また処理できる容量の問題がある。設計段階では年間7000立方メートル(水であれば7000トン/年:参照)であり、これだけで福島の事故に対応するには少々心もとないということが分かる(一部報道によると、「すずらん」の処理能力は「70トン/日」とのことで、単純に365をかけると「2万5550トン/年」となる。どうやらロシアが改良を加えたようだ。ついでに対応可能な放射能レベルが現在どうなっているのかも調べて報道してほしいものである)。

では「すずらん」は役に立たないか。そんなことはない。上記(2)で集めた「低レベル放射性汚染水」の処理に有効である。無論、ロシアとて長期に貸し出すわけには行かないだろうから、同時進行的に(技術的に可能ならば)新たな、高レベル放射性汚染水をも処理できる「第二すずらん」の建造を急ぐべきであろう。

因みに「すずらん」の建造にかかわったのは日本と米国の企業である。現下の状況から判断して、即座に対応してくれることは十分期待することができる。

いずれにせよ福島第一原発については廃止は無論のこと、その付属港湾施設ともども「放射性物質処理施設」とせざるを得ないだろう。

|

« 津波:波浪との違いと形態 | トップページ | 「見てみろ、この慌て振りを」 »

その他」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報をありがとうございます。
すごく参考になりました。

投稿: ジョセフィーヌ | 2011年4月 5日 (火) 21時22分

もう原発のお話は、私の理解力を超えました。パソコンをみるとニュースがどんどん更新されてどこから読んでいいのか分からなくなりました。英語・仏語のサイトでも、こちらのテレビ・ラジオでも報道されて、関心の高さがうかがえます。
今年は春の知らせであるメープル・シロップの出荷が遅れています。せめて「汚染」されていないシロップでも送ろうかと思っているのですが・・・

投稿: pompon | 2011年4月 6日 (水) 02時42分

そういえば、Jackさん、
宮城県にいらっしゃるお知り合いの方はご無事だったでしょうか?

投稿: pompon | 2011年4月 6日 (水) 02時49分

ジョセフィーヌさん

コメントありがとうございました。

pomponさん

〉宮城県にいらっしゃるお知り合いの方はご無事だったでしょうか?

幸い怪我もなく、家も無事だったそうです。ただし、揺れが激しかった
ため中は相当スゴイことになっていたようです。

投稿: Jack | 2011年4月 6日 (水) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51310878

この記事へのトラックバック一覧です: 「第二すずらん」建造を急げ:

« 津波:波浪との違いと形態 | トップページ | 「見てみろ、この慌て振りを」 »