« まずは配れ義援金 | トップページ | さくら咲く »

2011年4月 9日 (土)

「水棺」【追記あり】

今のところ東京新聞だけが取り上げているのだが、政府と東京電力が「水棺」という原子炉冷却手段の検討を始めたという(参照)。

記事によれば、

政府と東電の関係者によると、福島第一原発では大量の高濃度汚染水が建屋内などにたまり、復旧作業が難航している。対策本部は水を循環させて海水との熱交換で水を冷やす「残留熱除去系」の復旧を目指しているが難航している。仮に復旧しても、海水を大量に注入したことで冷却機能が落ちている恐れもあり、水棺による冷却案が浮上した。

とのことで、本来の冷却システムが使えない場合の代替策ということのようだ。

水棺では、圧力容器と格納容器をともに燃料棒の高さ付近まで水で満たし、高い熱を持つ燃料棒を冷やす。

Photo_2

しかしこの記事だけでは、その水はどこから持ってくるのか、どのようにして冷却するのか、また圧力容器や格納容器に直接注入することから当然放射性物質がその中に溶け出し、またもや高レベル放射性汚染水を作り出すことになるのではないか、といった疑問がわいてくる。

理解できる範囲ではとても恒久的な対策には成りえないように思えるのだが、明日以降の進展を見守ろう。

ところで原子炉建屋を「布で覆う」という作戦はどうなったのだろう。(たとえ低レベルとはいえ)1万トン以上の放射性汚染水を海中に投棄した後では、今さら空気伝搬を抑えても意味がないとかで取りやめにでもなってしまったのだろうか。

【追記】
他に関連記事はないかと調べているが、今のところこれというものは見つかっていない。またチェルノブイリの「石棺」(=「Stone Coffin」)からの類推で「water coffin」で検索したが、こちらでも有効な情報にはヒットしなかった。
東京新聞の第一報は4月8日付であり、既に2日が経過している。実施されれば「世界初」となることや、英語圏のメディアでは取り上げられていない点、素人目にもいろいろな疑問が感じられるなど、はたして本気で検討されている案なのだろうかという疑問がわいてきた。

|

« まずは配れ義援金 | トップページ | さくら咲く »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51346908

この記事へのトラックバック一覧です: 「水棺」【追記あり】:

« まずは配れ義援金 | トップページ | さくら咲く »