« 時計作りの才能 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位変動表 »

2011年5月30日 (月)

将棋:第69期B級1組成績順位

3月11日に東日本大震災が発生した後、プロ将棋に対する関心が一気に薄らいでしまった。「将棋」というカテゴリーで書いたブログ記事は地震翌日の「大災害発生時の将棋対局」が最後である。

その時に書いたことだが、日本将棋連盟の言動には良識が欠けていると感じることがこれまでにも再三あり、今回の震災発生下での対局継続という措置も、被災者の心情への配慮を欠いた愚挙であったと考える。

私はブログを開設したときから「将棋」をテーマの一つにしてきたが、上記のようなプロ棋士集団の行為にあきれ、落胆し、ここで取り上げる意欲を失ってしまった。だが、これまでにA級とB級1組については、毎回の対局後に成績に基づいたその時点での順位を発表してきており、少なくとも第69期については最後まで完遂すべだきと考えるようになり、今回の記事を書くことにした。

B級1組の最終戦第13回戦は上述の通り、2011年3月11日に行われた。午後2時46分に発生した本震で中断した後、午後4時にいったん再開されたものの、午後4時10分頃に起きた余震のため再び中断。最終的に、午後6時に全局が再開された(以上、「名人戦棋譜速報」の記事より)。

   【勝】         【負】      終局時刻
▲屋敷伸之九段-△松尾 歩七段  (23時34分)
▲中田宏樹八段-△山崎隆之七段  (0時28分)
△鈴木大介八段-▲杉本昌隆七段  (0時48分
▲豊川孝弘七段-△畠山 鎮七段  (0時50分)
▲深浦康市九段-△井上慶太九段  (0時56分)
△行方尚史八段-▲中村 修九段  (2時57分)

勝敗は上記の通りで、この結果第70期B級1組の最終成績順位は次のようになった(前回の順位はこちら)。

成績
順位
氏名/段位B1
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 佐藤康光九段 2位 9勝3敗 1 昇級・抜け番  
2 屋敷伸之九段 7位 7勝4敗 3 昇級 
3 深浦康市九段 3位 7勝4敗 4   
4 松尾 歩七段 5位 6勝5敗 2   
5 行方尚史八段 4位 6勝5敗 7
6 山崎隆之七段 6位 5勝6敗 5   
7 鈴木大介八段 8位 5勝6敗 8   
8 中田宏樹八段 13位 5勝6敗 11  
9 井上慶太八段 1位 5勝6敗 6   
10 畠山 鎮七段 11位 5勝6敗 9
11 中村 修九段 12位 5勝6敗 10  
12 豊川孝弘七段 9位 4勝7敗 13 降級 
13 杉本昌隆七段 10位 3勝8敗 12 降級  

2つある昇級枠のうち1つは、今回抜け番の佐藤が既に決めており、もう1つは▲屋敷-△松尾という直接対局の勝者が得るという非常に分かりやすい展開となった。その注目の一番を屋敷が制し、18歳で初タイトルを取った「天才棋士」が22年をかけてようやく順位戦の最高峰A級に到達した。まさに早熟と晩成を一人で体現したまれな例といえるだろう。

他方、降級は豊川と杉本の2人に。豊川は67期に獲得した念願のB級1組の座をわずか2期で失うことになった。杉本も4期でB級1組を陥落。

なお第70期B級1組は次の13名で争われることになる。

 B1順位     氏名/段位
   1   木村一基八段
   2   藤井 猛九段
   3   深浦康市九段
   4   松尾 歩七段
   5   行方尚史八段
   6   山崎隆之七段
   7   鈴木大介八段
   8   中田宏樹八段
   9   井上慶太八段
   10   畠山 鎮七段
   11   中村 修九段
   12   橋本崇載七段
   13   阿久津主税七段

B級2組から上がってきた橋本と阿久津は共に28歳。将来を嘱望されてきた棋士である。この2人は(私の持論でもある)一流棋士の証である「18歳までに四段、30歳までにA級八段」をクリアするには1~2期で昇級しなければならない。

あの渡辺明竜王でさえ3期かかったB1からAへの昇級を1~2期で達成できるか。注目されるところである。

【追記】1年間(2010年4月~2011年3月)の成績順位の変動については、こちらに別途グラフを掲載したので、ご覧いただきたい。

|

« 時計作りの才能 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位変動表 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

 個人的には(人前で言えない)感情を抱いていても、プロやアマチュアが仕事を確保したり、腕をあげるためには組織に所属せざるを得ないこともありますよね。
 昨日のニュースでしたか、HPに両手でVマークして、にこやかな顔の写真が出ていると話題になってました。どう解釈していいのか、わかりませんでした。

投稿: pompon | 2011年6月 1日 (水) 02時17分

pomponさん

将棋の話題にコメントをいただくとは思ってもいませんでした。
ありがとうございます。

>昨日のニュースでしたか、HPに両手でVマークして、にこや
>かな顔の写真が出ていると話題になってました。

これは米長会長のことでしょうか。だとしたら、たぶん総会で
自身の会長再任が決まったのでその勝利を(自分で)祝しての
Vサインだったと思います。

今の将棋連盟の問題点は、すべてが自分たちの利益最優先で
進められているような印象を与えている点です。もう少し「公益
法人」にふさわしい言動を心がけてほしいと思わずにはいられ
ません。

投稿: Jack | 2011年6月 2日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51811853

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第69期B級1組成績順位:

« 時計作りの才能 | トップページ | 将棋:第69期B級1組成績順位変動表 »