« 悪口コメント | トップページ | 原発事故:羹に懲りて膾を吹く »

2011年5月 8日 (日)

ギター:マリア・エレーナ/ロス・インディオス・タバハラス

このところギスギスした話題が続いたが、久しぶりに音楽、それもギター曲の話をしよう。

タイトルは『マリア・エレーナ』、ロス・インディオス・タバハラスが演奏し、1964年に全米トップチャート入りを果たしたヒット曲である。

ロス・インディオス・タバハラスは、ブラジルのインディオ、タバハラ族出身のナタリシオ・リマとアンテノール・リマという兄弟のギター・デュオであり、1970年代まで活躍した。

二人がどのようにしてギターを覚えたかという点に関しては、ジャングルで拾ったギターで練習して腕を上げたといった類の「伝説」があるが、1981年にエドウィン・マクドウェルという人物が書いたテキストによると、真相は次のようなことだったという。

兄のナタリシオが14歳ぐらいだった1932年頃に、ブラジル軍の部隊が彼の住む村に現れた。それが村人たちが白人や黒人を見た最初だった。数ヵ月後、その部隊が村を離れる時、ナタリシオの父親は家族を連れ、部隊の後について町に行くことを決意する。

結局、一家の旅は数年間続くことになり、1936年頃にようやくリオデジャネイロにたどり着いたという。その途中で手に入れたオンボロのギターを父親がナタリシオに与えたところ、弟のアンテノールと交代で練習し、いつしか自分たちの部族に伝わる歌をギターの伴奏で歌うようになった。やがて二人はリオのビーチで歌い、小銭を稼ぐようになる。才能があったのだろう、二人はさらに技術を磨き、次第にブラジルで有名な存在になっていった。

やがてアメリカに呼ばれレコードデビューを飾る。しかし売り上げは伸びず、二人はブラジル時代の演奏生活で得た蓄えも使い果たし失望の内に故郷に帰ることになってしまった。

それから数年後、アメリカのあるラジオ局が彼らの『マリア・エレーナ』を番組のあいまの「うめくさ」として使ったところ、それが評判を呼び、ついには全米チャートに入るヒット曲となる。

それから10数年、二人は世界中を駆け回った。日本でもコンサートを開いている。また、クラシックピアノの名曲を2本のギター用にアレンジしレコーディングしたアルバムも残している。だが1979年、弟のアンテノールが長年のツアー生活に疲れ(兄のナタリシオの言葉)、引退を決意。ロス・インディオス・タバハラスは一時解散となった。

その後、1971年にナタリシオと結婚していた日本人のミカミ・ミチコが、アンテノールの後を継いでサイドギターを演奏することで、第二のロス・インディオス・タバハラスが誕生。1990年代まで演奏活動を行った。2009年9月、ナタリシオ死去。弟アンテノールは存命とのことだが音楽活動は行っていないようだ。ミチコ・リマの消息は確認できなかった。

今日紹介する『マリア・エレーナ』は彼らの代表作の一つだが、後に彼らの特徴となるマシンを使ったサステイン(音の響き)の人工的引き延ばしを行っている。まだこの程度なら気にはならないが、後の作品では少々鼻につくほど使われるようになったのが残念だ。

因みに40代以上の人たちには、かつての人気テレビ番組『シャボン玉ホリデー』のエンディングに使われていた『スターダスト』が彼らの演奏だったと言えば、きっとあのメロディを懐かしく思い出す人も多いだろう。

|

« 悪口コメント | トップページ | 原発事故:羹に懲りて膾を吹く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
英文のテキストはもっておりますが、何しろ英語力がなく、ここまでわかりませんでした。
ありがとうございます。

ほかにも、いろんな資料がありますが、これが一番信頼できそうですね。
この種の文章は、その多くがドラマチックに脚色されていて、それをまた誰かが真似をしたりして、なかなか本当のことがわかりませんね。

なお、アンテノールも亡くなったという噂がありますが、確認はできておりません。
ミチコさんは、ナタリシオとおなじくガンで闘病中だそうです。

投稿: MashiToshi | 2011年5月12日 (木) 23時22分

MashiToshi さん、コメントありがとうございます。

|>なお、アンテノールも亡くなったという噂がありますが、確認はできておりません。
>ミチコさんは、ナタリシオとおなじくガンで闘病中だそうです。

アンテノールは一時期、環境保護の活動に携わっていたと聞いたことがあります。
確かナタとは3つ違いなので、90歳近い高齢ですから亡くなった可能性はありますね。

実はミチコさんのことはあまり知りません。もともとピアノができたとか。ナタよりはかなり
お若いはずですが、元気になられるといいですね。

一度リオ兄弟のライブの音を聞いてみたかったので、それがかなわなかったのが残念です。

投稿: Jack | 2011年5月13日 (金) 16時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51620129

この記事へのトラックバック一覧です: ギター:マリア・エレーナ/ロス・インディオス・タバハラス:

« 悪口コメント | トップページ | 原発事故:羹に懲りて膾を吹く »