« ビンラディンの“殺害”に関連して | トップページ | 素朴な疑問:池田氏の主張に関連して »

2011年5月 4日 (水)

理不尽なリスク追加

今この国では原子力発電に関する賛否両論が喧しい。で、気になるのが「原発賛成」を唱える人はおおむね、現在進行中の福島第一原発の事故に関連した放射能汚染やその人体への影響を問題ないと断じる傾向がある点だ。

だがちょっと待ってほしい。原発に賛成であることと、福島第一原発事故の影響を問題視しない或いは軽視するということとは必然と結び付くことなのだろうか。

例えば、「日本にとって原発は必要である。福島第一原発事故による影響は甚大であり深刻なものだが、これを教訓として今後は既存の原発の災害対策を強化し、これから建設する分については、設計の見直しなど抜本的な再検証を行う」という論もあり得るのではないか。もちろんそれが説得力を持つかどうかという疑問は残るが、「原発賛成」と「福島第一原発の放射線被害は問題ない」という組合せには少々胡散臭さを感じる。

中には避難区域外における土壌や水質、農作物、海産物の放射能汚染の程度について、「ガンになるリスクは喫煙と同程度ないし喫煙の方が上」などという「科学的根拠に基づいた論」を展開している人たちもいるが、これも当事者の心理を分かっていない「机上の空論」に響く。

言うまでもなく放射能の恐ろしさは致死力を持っていることと、人間の五感では直接的に感知できない点にある。「今日調べて問題ありませんでした」と言われても、いつ近づいてきたかが分からない以上、「では明日(どころか1時間)も大丈夫なのか」という疑念は払拭できない。加えて、喫煙よりは安全だなどと言われても、タバコは以前から身近にあるもので、ある程度経験的に感覚的に危険度は把握できているという人が大半だろうし、その気になればそのリスクを回避することも可能だ。

今、福島第一原発事故の危険にさらされている人たちを始め一般人が感じている不安・恐怖は、そうした「日常のリスク以外に、それと同等の目に見えないリスクが新たに加わった」ということと、それを「自分の力では回避できない」という点に起因する。例えば喫煙している人にすれば、「喫煙のリスクに、たとえわずかでも被曝のリスクが加わったら、その結果はどうなるんだ?」という思いはぬぐえないだろう。

本来はなかったリスク、日常に理不尽に付け加えられたリスクであるという点をふまえなければ、科学的比較だけでは人々(特に福島第一原発近隣の人たち)を納得させることはできない。

|

« ビンラディンの“殺害”に関連して | トップページ | 素朴な疑問:池田氏の主張に関連して »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51580941

この記事へのトラックバック一覧です: 理不尽なリスク追加:

« ビンラディンの“殺害”に関連して | トップページ | 素朴な疑問:池田氏の主張に関連して »