« 内閣不信任決議案提出 | トップページ | ギター・リハビリ中:クロマチック・スケールと「模範」演奏 »

2011年6月 3日 (金)

まさに「子どもの喧嘩」レベル

昨日、野党から提出された内閣不信任決議案が否決されたが、それは直前に菅総理が条件付きながら辞任の意向を表明したことで、小沢氏につながる民主党議員が不信任決議案反対に回ったためだった。

その首相辞任の言質を引き出したのが鳩山前総理だったのだが、鳩山前総理が「第2次補正予算の成立にメドが立った時点」が辞任時期としたのに対し、菅総理は「福島第一原発の低温停止にメドが立つ」までは辞めないと言い出し、まるで子どもの喧嘩―言った言わないの低レベルで不毛な言い争いが始まってしまった。

はたしてどちらが言っていることが真実なのかはおそらく分からずじまいになるだろう。また鳩山前総理は菅総理を「詐欺師」という言葉まで使って厳しく批判したが、おそらく沖縄県民の多くは、「あんたこそそうだろ」と思ったに違いない。

そうなのだ。民主党が政権を取ってからの数々の問題や政争を見ていて思うのは、批判する側も批判される側も共に同じような脛のキズを持っていることである。そのため、批判の言葉を聞くたびに「自分のことは棚に上げて……」と自動的に思ってしまい、訴えが心に響いてくるということがない。

今国民が求めているのは、清新で、有能かつ誠実なリーダーなのだが、それは古今東西を通じて白いカラス以上に希有な存在だろう。そこで大幅に譲歩して条件を「有能」だけに絞り込んでも……やはりこれといった人物は思い当たらない。

その意味でもこの国は一大国難に直面していると言えるだろう。

|

« 内閣不信任決議案提出 | トップページ | ギター・リハビリ中:クロマチック・スケールと「模範」演奏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51846290

この記事へのトラックバック一覧です: まさに「子どもの喧嘩」レベル:

« 内閣不信任決議案提出 | トップページ | ギター・リハビリ中:クロマチック・スケールと「模範」演奏 »