« コーヒー温度 2011夏 | トップページ | 音楽の星: Be Happy! »

2011年7月26日 (火)

想像を絶する国

あなたが何かをしくじったとする。そのままでは叱責を受けるのは必定である。さてそんなとき、あなたならどうする?

正面突破、自分から非を認め謝ってしまうという人もいるだろうし、自分よりも弱い立場の人間に責任をおっかぶせるという手もあるだろう。失敗の影響を極力小さくすることに努力するという生真面目な対応もあるだろうし、さっさと逃げ出すという作戦も考えられる。十人十色でいろいろな対応方法があり得るだろう。

今回の中国の高速列車事故における「事故車両の重要部分を破壊したあげく、現場に穴を掘って埋めてしまった」という当局の対応を見ていて思い至ったのが、「パニックになったふりをして重大証拠を隠滅・破壊する」という新たな手段である。

これは、責任追及が厳格に行われるような社会であれば通用するものではないが、その辺りがユルイ社会であれば案外有効かもしれない。なにしろ、自分の首を絞める根拠となる物証がなくなってしまうのだ。真の意味での事故原因の解明は実質的に不可能になるだろう。そこで問われることになるのは「なぜ、大事な証拠を破壊してしまったのか」ということだが、「現場での救助活動に事故車両が邪魔でしたので、とりあえず埋めてしまえば邪魔にならないだろうと考えました。今思えば冷静さを欠いた軽率な判断でした」と謝ればよい。それで問われる責任ははるかに軽くて済むはずだ。

ところが、この方法、思わぬ反発を招いた。今回、中国政府が事故の様子を比較的自由に報道させている真意は分からないが、とにかく現場の映像は世界中に配信されている。その結果、海外からは無論のこと中国国内からも激しい非難の声、「隠蔽工作だ」と指摘する声が上がり、さすがに無視できなくなり、自分たちの失策に気付いたのだろう、今日(埋めた翌日)大慌てで掘り出すと、脱線して高架橋の下に落ちた他の3両と共に現場から運び出した。これから原因究明の調査を行うということだが、はたして本当に実施されるのか大いに疑問を感じているのは私だけではないだろう。

また、追突した列車は日本の新幹線技術を基に製造された車両だとのことであり(追突された方はカナダ・ボンバルディア社の技術によるもの)、公正な調査も行わずに日本の技術のせいにするような事態も懸念される。そんなことはあり得ないと、日本の常識なら考えるところだが、中国という国では「日本では想像すらできないことが平気で起こる」と言われている。事故後、1日半あまりで事故を起こした路線の運転が再開されたが、これなども日本では想像を絶するあり得ない事態である。

想像を絶すると言えば、比較的短期間の内に(第1次鉄道高速化計画の開始は1997年)、総延長8,000kmに及ぶ高速鉄道網を建設したことも鉄道建設の常識からすると異常なハイペースということらしい。

我々日本人からすると常識破りで想像を超える事象に事欠かない中国だが、今回の事故で政府首脳が謝罪し、引責辞任をするという展開にならないことだけは容易に想像がつく。

|

« コーヒー温度 2011夏 | トップページ | 音楽の星: Be Happy! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52318399

この記事へのトラックバック一覧です: 想像を絶する国:

« コーヒー温度 2011夏 | トップページ | 音楽の星: Be Happy! »