« ギターリハビリ中:目下こんな曲で遊んでます | トップページ | 九電やらせメール »

2011年7月 5日 (火)

U-17ワールドカップは残念な結果に

決勝トーナメント第2戦は「王者予備軍」のブラジルU-17代表チーム。

地元の新聞などでは、共にパスワークを得意とするチーム同士の戦いであったことから、「エンターテナーの戦い」といった呼び方もあったようだ。

スコアこそ2-3と最少得点差の惜敗に見えるが、私にはその「1点の壁」を越えるにはまだまだ日本はレベルアップが必要だと思えた。

試合は、ピッチ上のあちらこちらにある泥濘(ぬかるみ)にどう対処するかというフィールドプレイヤーのテクニックが少なからぬ比重を占める展開になった。日本のプレイヤーが足元の悪さに手こずっていたのに対し、ブラジルの選手は普通のピッチでプレーしているかのように易々とボールを扱っていた。

その背景には、(テレビのため、視界が限られていたので断定はできないが)ボールがない時の個々のプレイヤーの動きでブラジルの方が1枚も2枚も上手だったように思える。なので、ボールを持った選手が泥濘に入る前に味方にパスを出せるのに対し、日本はボールを持っていない選手が受ける態勢を作ってあげられず、結局無理なパスを出さざるを得なくなり、それをインターセプトされるパターンが多かった。

こうしたピッチ状態に応じたプレーをできる技術と、サポートのための質の良い動きというのはサッカーの基本ではあるのだけれど、常にできるというのはやはり一部の強豪チームに限られてくる。またそれを試合全体を通して続けるというのも難しく、疲労の増大と共に集中力も途切れるし、なにより体力的にも消耗する。日本が試合の終盤になって2点を返したのは、ひとつにはある種の開き直りめいた思いっきりの良さが出てきたことと途中交代で入った元気のいい選手の活躍もあったが、同時にブラジルの動きが落ちた瞬間をついた結果であることも間違いない。

男子の全カテゴリーを通じて初のワールドカップ・ベスト4*目指した日本の挑戦は、残念ながら実ることはなかったが、このチームのメンバーたちが中心となってチャレンジするであろう次のU-20ワールドカップ(2013年トルコで開催予定)が楽しみである。

* 1999年に準優勝しているが、当時の大会名は「FIFAワールドユース選手権」であったことから、「ワールドカップ」ではないという認識である。

|

« ギターリハビリ中:目下こんな曲で遊んでます | トップページ | 九電やらせメール »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52131343

この記事へのトラックバック一覧です: U-17ワールドカップは残念な結果に:

« ギターリハビリ中:目下こんな曲で遊んでます | トップページ | 九電やらせメール »