« 「安否不明者」のその後 | トップページ | リフォーム>建て替え »

2011年7月14日 (木)

なでしこジャパン、W杯決勝へ

この話題はやはり取り上げないわけにはいかない。

日本時間7月14日未明、日本はドイツ・フランクフルトでスウェーデンと準決勝を戦い、3-1で勝利。7月18日にアメリカとW杯優勝をかけて戦うことになった。

まずはなでしこジャパンの布陣を記す。

----川澄---安藤-----

--宮間------大野----

-----坂口--沢------

--鮫島-熊谷-岩清水-近賀--

------海堀--------

これまでの先発だったFW永里に代えて、FW川澄が初先発。よほど体調がよいのだろうと推察された。案の定、その川澄が2得点の大活躍でスウェーデンを退ける結果になった。

前戦の準々決勝ドイツ戦でも、日本は中盤でスペースを埋めドイツにボールを渡しても、そこから先のパスやドリブルを自由にはさせなかった。それは佐々木監督が考えた、大型チーム対策だったのだろう。

体格にまさる欧米のチームを相手にする時、ペナルティ・ボックス近くまでボールを持ちこまれる時間をできるだけ少なくするのが理想で、できれば高い位置でボールをキープしたい。

不用意な横パスをインターセプトされ、先制点を許す展開になったものの、日本チームはまったく焦ることなく、中盤の高い位置でボール・キープするという基本戦術を守り、左右のサイド攻撃に時折中央へと切り込む攻めを交えて相手を脅かした。中でも、中盤中央を支配して相手に自由なプレーをさせなかったのが大きい。いきおいスウェーデンはサイドからの攻撃しか攻め手がなくなり、日本の防衛網に引っかかることになった。

強さ、高さでまさる相手に速さと巧さで対抗したわけだが、それを支えたのは90分を闘いきることのできる体力だが、次の相手アメリカは速さ、巧さの点でも日本と同等以上である。その相手に勝つためには、意外性のあるプレーというのも必要になってくる。

スウェーデン戦の3点目、ハーフウェイラインから宮間がはなったDFライン裏へのロングパス→走り込む安藤に遅れ気味となるスウェーデンDF陣→やむなくスウェーデンGKが飛び出しキックでクリア→そのこぼれ球を川澄がロングシュートを打ちゴール、というプレーなども意外性にあふれるプレーだった。緻密さと大胆さ―今の日本チームならできると思う。

また沢が4得点で得点王でトップタイになっている。長年にわたり日本を引っ張ってきた沢に得点王のタイトルをとらせてあげたいものである。

|

« 「安否不明者」のその後 | トップページ | リフォーム>建て替え »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52209869

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこジャパン、W杯決勝へ:

« 「安否不明者」のその後 | トップページ | リフォーム>建て替え »