« 夏の風物詩 | トップページ | 頭痛或いは原発事故の影響? »

2011年8月 6日 (土)

明るくも暗い夏

今年も鎮魂と高校野球の8月がきた。

今日8月6日広島で66年前の原爆投下で犠牲になった人々を慰霊する平和記念式典が開催され、9日には長崎でも同様の式典が開かれる。15日の終戦の日には戦没者追悼式が行われる。

その8月15日までの2週間余りと甲子園の高校野球は常に重なって記憶の中にある。

或いはサイレンのせいだろうか。今でも続けられていると思うが、甲子園の高校野球ではプレーボールと同時にサイレンが鳴らされる。原爆の日に広島や長崎に行ったことはないが、原爆の投下時刻にはサイレンが鳴らされるようなイメージがある。そんな勝手な思い込みが折り重なって8月の強烈な日差しと共に脳裏に焼き付けられてしまったのだろう。

その甲子園の高校野球も今日始まった。広島に落とされた原爆の20倍に相当する放射性物質がまき散らされた「第三の被曝地」が東北にできて初めて迎える夏、曇り続きだった関東地方にも昨日から青空と太陽が戻ってきた。

|

« 夏の風物詩 | トップページ | 頭痛或いは原発事故の影響? »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52410383

この記事へのトラックバック一覧です: 明るくも暗い夏:

« 夏の風物詩 | トップページ | 頭痛或いは原発事故の影響? »