« ギター・リハビリ中:My Guitar | トップページ | ギター・リハビリ中:ピック (2) »

2011年9月24日 (土)

ギター・リハビリ中:ピック (1)

ギターの練習は続けているものの、このところまた指の皮膚炎がぶり返していて、フィンガースタイルの演奏ができない状態にある。で、ここ数カ月はもっぱらピックを使って演奏している。

ギター演奏に使うピックは、大昔はべっ甲製だった。私がギターを弾き始めた頃は、大きな楽器店であれば、べっ甲製のピックを扱っていた。ただべっ甲のピックは売っている段階では厚いものが多く、それを砥石を使って自分の好みの薄さに削るのだが、その加減が難しい。また価格も割高で、1枚1,000円近くするものもあった。アマチュアが気軽に買ってきて、簡単に使いこなせる代物ではなかった。

そこで我々アマチュアは合成樹脂製のものを使うことになるのだが、以前はなかなか納得できるものがなかった。ちょっと良い音が出ても、直ぐにスティール弦とこすれて縁がギザギザになって音がガサつき出したり、曲がったり、割れたりと満足のゆくものにめぐり合えず、結果として買ったものの使わないピックが増えてゆくことになる。

おそらくこれまでに買ったピックは数百枚に達するだろう。以前まとめて処分したので今はあまり残っていないが、それでも50~60枚はあると思う。

1

ギターを弾かない人や、ピックを使わない人から見れば、なぜそんなにたくさん持っているのか不思議だろうが、上述したように納得できるものが少ないので、いろいろと試し買いすることになるのが一つと、たとえ納得できるピックが見つかってももっと良い音がするもの、もっと使いやすいものを求め、楽器店に行くとついつい買ってしまうという事情もある。まあ、値段も最近では1枚100円程度なのでふところが傷む心配はないが、コレクションをしているわけでもないのにどんどん増えてゆくのは困ったことである。

そんな中で、これまで気に入ったピックといえば、このピックである。

2

いわゆる「ティアドロップ型」で、かなり固い。ただ音色はほかのピックでは出せない透き通った良い音が出る。右は使いすぎて先端が削れて丸くなり、指が当たる箇所は塗装がはげ落ちて向こう側が透けて見える。左はまだオリジナルの形状を残しているが縁は相当削れている。固いためコードストロークには向いていない。それでも以前ギターをガンガン弾いていた頃は、その音色が好きで使っていた。このピックもかなりたくさん買ったが、今手元には5枚しか残っていない。もちろんもう売られてもいない。

ところがギターの練習を本格的に再開してからは、このピックを使わなくなった。その理由と、今主に使用しているピックの話は明日書くことにしよう。

|

« ギター・リハビリ中:My Guitar | トップページ | ギター・リハビリ中:ピック (2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52823797

この記事へのトラックバック一覧です: ギター・リハビリ中:ピック (1):

« ギター・リハビリ中:My Guitar | トップページ | ギター・リハビリ中:ピック (2) »