« 半年と10年目の11日に | トップページ | 泳げない日々 »

2011年9月13日 (火)

ミニ収穫

今年、ミニトマトを植えてみた。ところがいろいろとマイナス要因が重なり、なかなか実がならず、とうとう9月になってしまった。

でも今日、どうにか…

Photo

まずタネをまいた時期が遅かった。本来であれば5月の連休頃がよいらしいが、1カ月あまり後の6月になってまいたため、生育が大幅に遅れた。

次にタネを狭い場所に集中してまきすぎた。それがために茎と茎との間にスペースがなく、互いの重みで折れ曲がるケースが多発した。

間引きをしなかった。芽が出た段階である程度葉を間引くのがよいらしい(と言いつつ、今この時点になっても調べていない^^;)。そのため枝・葉が増えすぎて、それも実がつかない原因となったようだ。

そんないい加減な育て方をしたのに、それでもこうして実がなった。

朝起きて門のところまで朝刊を取りに行き、玄関に戻る時、鬱蒼たる葉の間に赤い実があるのに気付き、直ぐにもぎ取って新聞の上に置いて撮影。

これもCM風に、英字新聞を広げ、ふんだんに光を取りこんで、皿の縁やトマトにハイライトを入れ、高級カメラで撮影すれば、きっといい雰囲気の写真になったのだろうが、日本の新聞で、ライティングも気にせず、ケータイカメラで撮ったため上のような写真と相成った。

でも、味だけはなかなかグッドでした。

|

« 半年と10年目の11日に | トップページ | 泳げない日々 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

トマトのにおいがしてきそうです。日本は暖かい期間が長いので、まだまだ採れるのではないでしょうか?
私も毎年トマト(ミニではなくて)を植えます。カナダでは5月20日前後のヴィクトリアー女王誕生日以前に草花を植えると予期せぬ寒波にやられるという不文律があり、それ以前はビニールハウスなど屋内で飼育されることが多いです。昨年まではトマトを直に地面に植えていましたが、今年は引っ越しで庭がなくなったので、鉢植えです。毎年のことですが、6,7月の一番暑い時期に成長しなかったトマトは8月に入って気温が下がり出すと成長を止めます。それでも実をつけていると水をいっぱいあげて赤くなるのを待ちます。今年は2鉢のトマトに1個づつと、もう1鉢種類の違うトマトには3つなりました。まだ小指の先ほどの青い実がついていますが、今の気温(15度前後)では赤くなる前に寒くて縮むのでしょう。

さて、かの会員サイトの掲示板では、「料理番」の課題・総評の動詞の時制についてかなり興味深い論議が展開されています。問題提起をされたのも古参の方でしたし、おいなり様も参加されて、とても熱く、まじめな討論です。Jackさんがいらっしゃらないのが残念です。

投稿: pompon | 2011年9月14日 (水) 00時13分

今回初めてミニトマトを栽培して感じたのは、植物のタフさとデリケートさ
でした。芽が出て、葉が出て、茎が伸び始め、ぐいぐいと伸びて行った頃の
力強さは見ていて感動しました。その一方で、あまりに狭い場所に多くの
茎が生えたためと、時期が若干ずれたことによって、思うように実が成らない
というビミョーさ。
来年、再挑戦するとしたら、もう少し丹念に面倒を見てあげねば、というのが
今回の総括でした。

投稿: Jack | 2011年9月15日 (木) 13時20分

Jackさん、
ミニではなくてトマトですが、直に土に植える場合、間隔を最低40cmは開けなさいとアドバイスを受けて、50cmほど開けたことがありますが、夏の終わりには見事にケンカしてました。ミニトマトは種類にもよると思いますが、吊り下げ型の鉢でもよさそうですよ。サラダが食べたくなりました。

投稿: pompon | 2011年9月16日 (金) 08時24分

おいしそうですね。英字新聞じゃなく、「ユーロ急落」の見出しの日本の新聞の方が臨場感があるような・・・
とにかく自分で植えて育てた野菜を食することは、幸せな気持ちをもたらしてくれますね。冬も終わり春になっている感じの強いこちらでも、せっせと苗の植え付けに忙しくしています。
葡萄の形のような細長の実のなるミニトマトを植えてみました。ちなみに丸いミニはCherry tomato、葡萄型のはGrape tomatoと呼ばれています。
トマトは間引きも必要ですが(Pomponさんのおっしゃるように40-50センチは必要でしょうね)、幹から生えた枝の根元(幹側)に新しく生えてくる小さな芽もこまめに取ると、すっきりした形に育つようです。
今年はTomato cageというものを添えて、枝を整理しながら育てたいと思っているところです。
でも花も野菜も私の思うように育たないものですから、どうなるものやら・・・

投稿: billabong | 2011年9月18日 (日) 13時26分

pomponさん、billabongさん

今回学んだこと・・・「野菜は自生しない」。
タネをまいただけで芽が出て、葉が出て、実がなるのなら、農家の人たちに
とってこれほど楽なことはないでしょうけど、実際は、毎日のように手を入れて
やらねばならないわけで、それこそが農作業なので、次回は心して取り組む
つもりです。

投稿: Jack | 2011年9月23日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/52721998

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ収穫:

« 半年と10年目の11日に | トップページ | 泳げない日々 »