« これな~んだ? | トップページ | PCが入院 »

2011年10月20日 (木)

60歳になりました

母が60歳になった時、「おふくろも年とったなあ」と思ったのに、なんと自分がその年齢になってしまいました。

驚きと、戸惑いと、恥ずかしさと、焦りと、でもここまで無事に生きてこられた幸運とを思う一日でした。おそらく自分の意志のまま自由に動けるのは長くてもあと20年ぐらいでしょうか。その間、少しでも自分で納得できる日々を増やしていきたいと願っています。

さて、昨日ご紹介した写真---あれは子どもたちからの誕生日プレゼントでした。

D28_2

Martin D-28です。フラットトップ型アコースティックギターの代名詞ともいえる名器であり、多くのミュージシャンに使われていることでも知られています。

子どもたちが「60歳の誕生日プレゼント、何かほしいものある?」と尋いてきたので、冗談で「マーティンのギターがほしい」と応えたら、「それっていくらぐらいするの?」。で、おおよその値段を伝えると、「分かった」との返事。

後日、「私たちには選べないので、自分で楽器屋さんで選んできてください」と言われた時は率直に言って「ひょうたんから駒」のような心境でした。

そのひょうたんから出てきた駒が今こうして手元にあり、このところは暇さえあれば弾いています。作られてから日の浅いギター(2010年モデル)なので、音色はまだまだ固く、若すぎるきらいはありますが、時々さすがはマーティンと思わせる音を発してくれます。

こんな素晴らしいプレゼントをもらってしまった以上は、もう上手になる以外ありません。寝食を忘れて研鑽を重ねいつかはCDデビューだ(と言ったら、子どもたちに笑われましたが)。

現実問題としてCDデビューは無理ですが、少しでも腕を上げ、自分で自分の演奏を楽しめるぐらいにはなりたいと、先ずはこれから1年間でマスターする曲を決め、一歩ずつ前進をして行くつもりです。

ただいま目指しているのは、この人のこの曲のこの演奏(他にも「弾けたらいいな」という曲は数多くあります。あまりに多くて、人生が足りません)。

くやしいけれど逆立ちしても届かない巧さです。

|

« これな~んだ? | トップページ | PCが入院 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

なんとも懐かしい音楽ですね。
60歳の誕生日をお迎えだったのですね。おめでとうございます!!!
なんと素晴らしい誕生日プレゼントでしょう。
そんな良い話を聞かせていただいて、こちらもホッコリした気分になりました。ホント!もう上手になるしかありませんね。
ギターを弾くのが楽しくて続けてらしたのでしょうから、これからも楽しくお続け下さい。
CDを発売することになったら、是非ご連絡下さい。買います!!!

投稿: billabong | 2011年10月20日 (木) 23時29分

Jackさん、お誕生日おめでとうございます。
 うわ!すごいプレゼントですね。いえいえ、CDデビューぜひ!

投稿: pompon | 2011年10月21日 (金) 02時03分

billabongさん、pomponさん

ありがとうございます。
今日本では「やりなおし・・・」と名乗る教室やレッスンのようなものが
たくさんありまして、定年退職を迎えた「団塊の世代」を対象に
英語やら楽器やら、「若い頃に挑戦したけど挫折した」という
習い事を教えています。私は「団塊直後世代」ですが、きっと
これからいろんなダイレクトメールが送られてくることになるん
でしょうね。
CDデビューは無理でも、ミニコンサートぐらいは開ける程度には
なりたいなと願いつつ、練習に励みます。

投稿: Jack | 2011年10月23日 (日) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/53042317

この記事へのトラックバック一覧です: 60歳になりました:

« これな~んだ? | トップページ | PCが入院 »